<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

オニノヤガラ 腐生蘭 YouTube動画

植物を動画にしてみるのもいいと思う。
環境が感じられるから。

オニノヤガラとは印象強い名だが
鬼の矢柄とか矢幹とか書いてある。矢柄のほうが多いのではないか。

全体の姿を鬼のつかう矢と見たてているようだ。
矢で終わらずヤガラとなって調子がよくなる。

矢は飛んでいくさきっちょが矢尻で長い「の」という竹があり羽根がありU字カットしてあるところが矢筈(やはず)との名称だ。
コブヤハズカミキリを先生に教えてもらったとき、
ヤハズとは矢のしっぽよといわれたときからあーと覚えることができた。

矢に柄とか幹とか部分の名称はない。
「の」(という字は、竹かんむりに白の真ん中の一を×にして下に比と一文字にする)を柄や幹にあてているのだろうが、
(国語辞典には「やがら」は矢のやじり・矢ばねをつける棒状の部分。矢の幹。「の」矢のはねのような模様とあります)
オニノヤガラの全体の形は「地面につき立った矢」に見えるので矢尻だけが見えない「矢」だろう。

ミサイルのさきっちょは弾頭であたまなのに
矢のさきっちょは矢尻でしりとはね。文化のちがいかね。

ナラタケ菌(ここらではサモダシとかたまにボリボリというきのこ)と共生しているのか寄生しているのかわからない。しかしこんな地面にはサモダシはでないでしょうね。


ラン科 オニノヤガラ属 オニノヤガラ
Orchidaceae Gastroidia elata
オーキッドとはランだもね。
塊茎は薬になるという。

by snowmelt | 2010-07-31 16:54 | 植物 | Comments(0)
2010年 07月 31日

ホオジロの卵の殻

蕗の葉にころんと小さな卵がのっていた。
不思議と見ると、半分がない。
だれかが卵の殻を半分捨てていったのだろう。

表面も内側もきれいなので、別の鳥に食べられたのではないと思う。
とすれば、孵化後の殻を親鳥が捨てたという可能性がいちばん考えられる。
e0039759_1135464.jpg

17×19mmでこれはホオジロのものだろう。
巣の中にある小鳥の卵をみて、
宝石のようだと感激した北原白秋がいたと
昔の「野鳥」誌に書かれていたその時代の感覚を、今も持ち合わせている人はいなくなったかなー。

by snowmelt | 2010-07-31 11:41 | 鳥類 | Comments(0)
2010年 07月 30日

カラカネイトトンボ

三沢市で
体長24mmから30mmくらいでイトトンボのなかでも小さく可憐です。
カラカネ色(唐金色)とは青銅色らしく、金属光沢のある唐金色の糸トンボということです。
e0039759_22154249.jpg
e0039759_22155922.jpg
e0039759_22161490.jpg
e0039759_22164272.jpg
e0039759_22171347.jpg


by snowmelt | 2010-07-30 22:19 | 昆虫 | Comments(0)
2010年 07月 30日

ルリイトトンボ

むつ市で
瑠璃色とはむらさきがかったこん色で、このイトトンボは
瑠璃色ではないでしょう。でもルリイトトンボとは。
体長32mmから38mmくらい。
e0039759_225447.jpg
e0039759_226478.jpg


by snowmelt | 2010-07-30 22:06 | 昆虫 | Comments(0)
2010年 07月 30日

シュレーゲルアオガエル

虹彩の色が赤みや茶色みを帯びていないこと、
虹彩は黄色で体長は小さいので、モリアオガエルではなく、シュレーゲルアオガエルと判断しました。
穴の中で鳴きます。
林道上の泥穴をつきとめてビデオを設置して、
ずっとずつと遠くで待っていたのですがとうとう鳴く姿は撮せませんでした。
水田では水際の穴なので撮せません。
e0039759_21593083.jpg


by snowmelt | 2010-07-30 21:59 | カエル・サンショウウオなど | Comments(1)
2010年 07月 30日

モートンイトトンボ

六ヶ所村の乾燥しそうな路ばたで
これも25mmから29mmと小さいイトトンボです。

e0039759_21453075.jpg
e0039759_21455195.jpg
e0039759_21461424.jpg
e0039759_21463392.jpg


by snowmelt | 2010-07-30 21:46 | 昆虫 | Comments(0)
2010年 07月 30日

モズのこども ホンジなし YouTube動画

家のムクゲの木には過去、これで3家族(モズ、ヒヨドリ、モズ)が巣をかけました。

ことしのモズを結構、見張っていました。


「モズが巣をつくってからスズメが来なくなったと思ってたら、スズメが来てるよ」

との家人の言葉に、足下を見ると

「ありゃ、モズだ」と二階にかけあがって、ビデオをとってきて撮影したのが次のものです。

まだと思っていたので、突如の巣立ちでした。この日のうちに巣からみんな出たようです。


(ホンジないとは、お利口ではないというような津軽弁です)

by snowmelt | 2010-07-30 14:58 | 鳥類 | Comments(0)
2010年 07月 29日

カエルの子たちの上陸作戦 YouTube動画

このカエルたちのオタマジャクシが変態し上陸し始めました
前回のもの
e0039759_1450044.jpg



変態しつつ上陸です。しっぽが全部引っ込んでからの上陸ではありません。
大きさはきわめて小さく、出て来る画像の爪の幅と長さがほぼ15mmなので比べてみてください。
ハエに襲われて食われてしまうのもいます。



カエルたちの上陸は芥川龍之介の「蜘蛛の糸」のようによじ登るのが見られます。



よじ登って葉っぱにのっかるのもいます。


by snowmelt | 2010-07-29 14:58 | カエル・サンショウウオなど | Comments(0)
2010年 07月 12日

ミソサザイの巣立ち雛 YouTube動画

巣の中で黄色い口をぱっかとあけて、エサをもらっていた4羽の雛が
きっと午前中に巣立ちをしたのだろう。
巣から、50メートルも離れていないところに母親の声がしたので
探してみると、いた、いた。
でも、見えたのは3羽だけ、ちらっと撮せたのは2羽だけ、

でも4羽ともこの時点では無事のようでした。
運良く巣立ちができたようでなによりです。
チチチチチが母親で、さえずりは父親です。


by snowmelt | 2010-07-12 23:38 | ミソサザイ | Comments(0)
2010年 07月 07日

ニホントカゲ 下北半島・東北端

ニホントカゲは温泉など地熱のあるところでは見ていた。
でもここは地熱はありそうもない、本州最北東端の海岸だ。
石垣などにたまる熱を利用するのだろうか。
それにしても冬はかなりしばれるはずだ。

最初の花はスカシユリです。

by snowmelt | 2010-07-07 22:32 | 動物 | Comments(0)