北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 27日

飼い猫なのに野生的魅力・ノダイ 動画

幸い去勢もうけず、野原に出てはネズミを狩る。

この集落のネコたち。一時に5匹は戸外に出ていた。
その中でのボスではと見える。
かってに、ノダイという名前をつけた。

「ペット」のカテゴリには入りたくない私だが、

この、ネコはWildlifeとしてみたいね。

例によってハタネズミ(とおもう)を狙った。
とびかかるとき、想定外によく飛んだので、
フレームをはずしました。

 

by snowmelt | 2010-04-27 22:46 | 動物 | Comments(3)
2010年 04月 24日

ヒバリ 囀り 動画

--------
地上に行く用事を神にいいつかっておりたヒバリが、
地上があまりに美しいので、
その日のうちに帰るように言われていたのを忘れた。

翌朝、天上に帰ろうと飛び立ったが、
そのとき神様が叱りつけた。

「もう天に帰ることはまかりならん」

「そりゃあんまりだ神様」としきりに言い訳をした。

それで、今でもヒバリは中空より上にはあがれないのだという
------- コタン生物記Ⅲより

ここでは「言い訳」になっているが、ヒバリのことをアイヌ語で
チャランケチリ(談判鳥)とか
チャランケ・ポンチカプ(抗議する小さな鳥)という、このほうが、気に入っている。
なにか別の物語ができそうだ。

見ていると、地上で、声に出さないで、
のど元と背中で抗議の言葉の練習を盛んにしているような姿は
なかなかいい。
ヒバリは無音リハーサルをしてから、
声に出してみて
さらに、舞い上がり、本番になるのです。


by snowmelt | 2010-04-24 22:57 | 鳥類 | Comments(0)
2010年 04月 23日

ひばり 雲雀 動画

「ひばり」という歌があった。

といってもうろ覚えであったので、
インターネットで調べたら、同じようにうろ覚えの人が質問していた。

そこでの答えでわかったことでした。

--- ぴいぴいぴいと さえずるひばり
     さえずりながら どこまであがる
     高い 高い 雲の上か
     声は聞こえて 見えないひばり

     ぴいぴいぴいと さえずるひばり
     さえずりやんで どこらへおちた
     青い 青い 麦の中か
     姿かくれて 見えないひばり ------

 乙骨三郎(おっこつさぶろう)作詞  作曲不祥の文部省唱歌1911年
 この人の作詞は
         今は山中 今は浜 今は鉄橋渡るぞと の「汽車」も
         でてこい でてこい 池のこい の「池のこい」もそうだとあった。

 なぜこの唱歌を聞き覚えているのかわからないが、
 わかるのは何歳ぐらいまでのひとだろう。
 インターネットをつかう人の何パーセントになるのだろう。
 
 
ヒバリは「どこらへおちた」がぴったしです。
 急にトーンと落ちてきて、地上すれすれで水平に少し飛び、着地する。
 なかなか見えない。撮せない。
 次の動画では最後に急降下のシーンがあります。

 1分15秒のジェージェッという声は足下のハタネズミの声です。

 2分20秒に
 向こうから刀をもって駆けつける侍のごとき走りがありますが、

 自分?のメスに近づいてきたオスを追い払うための行動です。
 この頃はなわばりをつくるというより、メスの確保に懸命のようです。
 

by snowmelt | 2010-04-23 22:52 | 鳥類 | Comments(0)
2010年 04月 15日

ヤマアカガエルの蛙合戦 YouTube動画

ヤマアカガエルの繁殖行動のYouTube動画です。
6分41秒と長いのですが、
1日半のものを取り出したので、この10倍以上はビデオを回しています。

蛙合戦は結構すごいと思います。

でも次の日には全く姿をみることができませんでした。
卵だけが沢山ありました。


by snowmelt | 2010-04-15 11:24 | カエル・サンショウウオなど | Comments(4)
2010年 04月 15日

ヤマアカガエルのウインクYouTube動画

眼を引っ込めているだけにもみえます。


by snowmelt | 2010-04-15 11:15 | 動物 | Comments(0)
2010年 04月 14日

ユリカモメ YouTube動画

ここらでは、冬の間に見られます。
伊勢物語、九、の"都鳥"のこと。

嘴と足が赤くてカモメくらいのこの鳥はなんぞやと隅田川の渡守に問いければ

これなむ都鳥といふを聞き

『名にしおわば いざこととはむ 都鳥 わがおもう人は 在りや亡しやと』

[在原業平 伊勢物語]とうたったのはこのユリカモメのことらしい。

 (都という名を背に負っているならば、いざ質問しよう都鳥、「私が思う人はそこに健在でいるのかどうか。」と:万葉のいきものたちから借用)

 『万葉集の船競ふ堀江の河のみな際に来ゐつつ鳴く美夜故ど里かも』はホンとのミヤコドリなのか どうかはわからないそうな。(野鳥の名前 安部直哉による)

ともあれ、これはユリカモメ。Common Black-headed Gull というので頭が黒い?カモメ?
e0039759_13334361.jpg

e0039759_1334221.jpg


頭が黒くなるのは夏羽で、ここ青森では大半は黒くなる前にいなくなります。
動画の横向きの姿の中に、1羽だけ頭の黒いのがいます。


by snowmelt | 2010-04-14 13:34 | 鳥類 | Comments(0)
2010年 04月 05日

ネコがハタネズミを狩る動画

畑に出て来た猫が何を狙っているのかと思いきや
捕まえたのはハタネズミでした。
逞しい雄猫でした。

冬の間、雪の下でこんな坑道を掘っています。
そして、今もここで活動しているのもいるわけです
e0039759_23301366.jpg

二匹目は頭だけ食われています(ハタネズミ)
e0039759_23311291.jpg


by snowmelt | 2010-04-05 23:38 | 動物 | Comments(1)
2010年 04月 04日

ノウサギの食痕

誰が食べたのだろう。
鹿はいるはずないし。
近寄ってみたら
e0039759_22282715.jpg

e0039759_2229254.jpg

なんだ、ノウサギかこの切り口(噛み口)
フンまである。
e0039759_22311569.jpg

これはヤナギの木だ。
倒れてはいるけれど、かなり雪がつもったのだと思われる。
植林やら、道路やらで
周りには食べるものが乏しくなつているのだろう。

by snowmelt | 2010-04-04 22:36 | 動物 | Comments(1)
2010年 04月 04日

ハタネズミの冬の巣

牧草地の雪の中にコーンを切ったような穴がいくつもある。
e0039759_2254097.jpg

e0039759_226297.jpg
e0039759_2263579.jpg

球形の巣があったり、米粒状のフンがあったりいろいろだ。
雪のなかで使っていたトンネルもある。
地表面でないところが面白い。
e0039759_2295274.jpg

大きさはまちまちだ。
e0039759_22105058.jpg

考え得るところはハタネズミだと思うのだが。
体温で雪が溶けたのなら、ドーム状でもよさそうなのに。
発酵熱で溶けたのならこんなにスポンといかないとは思うし、わかりませんね。

by snowmelt | 2010-04-04 22:14 | 動物 | Comments(0)