<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 25日

ゴマガイなど微小貝採りのアイテム

これはいいと思うアイテムを見つけました。
なんのことはない、ピンセットですが、
ビーズをつまむためのピンセツトとして売っていたのです。
一番手前のものです。長さ15センチです。
e0039759_2259462.jpg

先の拡大です。
へこんでいます。へこみの径は2mmくらいです。
e0039759_2321179.jpg

ゴマガイはこれくらい
e0039759_2325833.jpg

ミジンヤマタニシはこれくらいです。
e0039759_2334922.jpg

いいようです。
ただし、落ち葉などにくっついている時は、葉ごと確保しています。
ころころしているときはなかなかよろしい。

ところで、ピンセットpincetとはオランダ語なのですね。
英語辞書ではtweezers[twi:zぁrz]複数扱い、毛抜き、ピンセットとあります。発音記号が出せないので  ( ぁはeのひっくりかえったやつです)

by snowmelt | 2009-11-25 23:17 | 陸産淡水産貝類 | Comments(4)
2009年 11月 24日

ケシガイとニホンケシガイとスジケシガイと

2009-06-18 むつ市で撮影。
次はケシガイです
e0039759_22485092.jpg

e0039759_22491761.jpg

次はケシガイ(右)とニホンケシガイ(左)を並べてみました。
e0039759_22513815.jpg

次もケシガイ(右)とニホンケシガイ(左)の殻口です
e0039759_22531953.jpg

次はケシガイ左3つ)とニホンケシガイ(中)とスジケシガイ(右)を大きさ比べです。
e0039759_2257536.jpg

次はまたケシガイ(左中)とニホンケシガイ(右)です
e0039759_22591430.jpg

次はケシガイ(上)とニホンケシガイ(下)です
e0039759_2332986.jpg

矢野重文さまに教えていただきました。ありがとうございます。

by snowmelt | 2009-11-24 23:05 | 陸産淡水産貝類 | Comments(2)
2009年 11月 19日

エゾカタビロオサムシ オリンパス E-PEN1で接写

1995-05-28本州最北端大間町で採集(昼に歩行中を採る)。体長31mmです。
エゾカタビロオサムシですしょうか。わかりません
ストロボにティッシュペーパーをたくさんかぶせてのデフューズ
というより、適当にマニュアル操作です。適正光量がでないのです。
ズイコーマクロ80mmとストロボomのものとオリンパスE-P1で接写練習です。
e0039759_2318510.jpg

追記、celastlinaさんからエゾカタビロオサムシに間違いないとのコメントをいただきました。
tsuchihashiaさんからは飛べるオサムシだと教えていただきました。ありがとうございます。

by snowmelt | 2009-11-19 23:19 | 昆虫 | Comments(4)
2009年 11月 19日

キタマイマイカブリでしょうか OLIMPUS E-P1で接写練習

2000-11-01青森県下北半島大湊で採集。体長約35mmです。
キタマイマイカブリだと思います。
飛べない昆虫です。
遺伝子的に北海道のエゾマイマイカブリと同じ(部分がある)そうです。
だからといって分類的に同一なのか、なかなかそのあたりは難しいようです。
ともあれ、接写の練習です。
ズイコーマクロ80mmとOMのストロボ使用です。
ストロボは、マニュアルにしているのですが、チャージランプがついた後でも、かなり気まぐれに光量が変わります。たまたま、慣らし運転しながらの撮影です。カメラを壊すかもしれません。
まずは、ななめ前方から
e0039759_2344128.jpg

そして真上から
e0039759_235277.jpg


by snowmelt | 2009-11-19 23:05 | 昆虫 | Comments(0)
2009年 11月 19日

カワラハンミョウ  オリンパス E-P1で接写テスト

ライティングがいまいちわからない。
1995-09-24青森県東通村海岸で採集 体長16mm でした。
肢を広げたので最大35mm、奥行き10mmの被写体です。
ズイコーマクロ80mm とE-P1で撮影です。
e0039759_10294010.jpg


by snowmelt | 2009-11-19 10:15 | 昆虫 | Comments(5)
2009年 11月 19日

ウロコビロウドマイマイ 今日もテスト 

今度は殻径7mmのウロコビロウドマイマイ ビロウドマイマイの一種(2008-12-13むつ市栗山で死殻採集)でテストです。
オリンパスマイクロフォーサーズのE-P1に
オリンパスOMシステムのズイコーマクロ38mmをつかってみました。ストロボ一灯使用。
まずは、F22(最大)にしぼって、画質が落ちようがお構いなしです。
e0039759_0295692.jpg

深度が届いていません。

そこで、技をつかって
e0039759_0305892.jpg

というのです。
でも、白い色、光る被写体はまだうまくいかないのです。
よくみればごみだらけですね。

追記 洗った写真をつくってみたのですが、ちょっと納得できませんのであとで、撮り直します。
殻表面の鱗状の写真をのせておきます。
e0039759_2341856.jpg

e0039759_234464.jpg

すごい表面です。
再追記 矢野重文さまからエゾビロウドマイマイ改めウロコビロウドマイマイだとコメントを戴きました。
ありがとうございます。

by snowmelt | 2009-11-19 00:34 | 陸産淡水産貝類 | Comments(2)
2009年 11月 17日

ビロウドマイマイの一種 オリンパスE-P1ばんざい

修学旅行のとき、オリンパスペンのハーフサイズのなんだったかを長兄が貸してくれたのが、オリンパスを使った最初です。
一眼レフはペンタックスSV、SP、K2と使っていましたが
突如ダイレクト測光のオリンパスOM2nで、オリンパスファンになってしまいました。
キャノンやニコンはほしくても、高すぎて手が出ないというのが本音の半分はあります。

OM時代やオリンパスペンF 時代のオリンパスはコンセプトがいいのでした。

「小型軽量、ウイルスから宇宙まで」だったか。設計者米谷氏の考えには惚れてしまう。
マクロ撮影はかなり優れているのではありませんか。

じつは、ついつい最近まで、マクロ領域では、キャノンのMP-E65mmというレンズが使ってみたくてEOS7Dを真剣に考え、(フルサイズでないとこが金のない悲しさ)
いやニコンのD300s(これまたフルサイズでない)と105mmマクロがいいか、とこれまた真剣に考えてはいたのですが、

数日前、突如、なんと、オリンパスのE-P1を衝動買いしてしまったのです。

何でオリンパスペンFのデジタル版マイクロフォーサーズを買ったのか、
しかも、買った次の日になんとオリンパスのE-P2というのが売り出されたり、
一瞬、失敗したかなーと後悔したのですが、

やー、タイトルのとおり、E-P1ばんばんざいです。
なーかなかいいよ。マクロがさ。
フィルムカメラ時代のマクロ領域のOMレンズを最大活かせるのです。それが万歳。
つぎのがテスト。
ビロウドマイマイの一種です。(2009-10-02むつ市で採集、殻径15mm)
e0039759_187273.jpg

e0039759_1894722.jpg

上の写真はOMのマクロ80mmにクローズアップレンズをつけてとりました。
まあまあいいでしょう。標本の痛みが(ひろったときから)気になります。
次はその表面の毛です。
e0039759_1814962.jpg
e0039759_1814305.jpg

これはOM20mmマクロ使用です。
ストロボもOMのもの。(これは合成がうまくいきません)
このテストでE-P1はマクロにかなりかなり使えるアイテムだといえると思いました。
衝動買いも、いいものです。

追記
表面の毛が泡みたいに見えるので、毛、湾曲した棘に見える写真をアップします。
e0039759_22582652.jpg

e0039759_2258465.jpg

e0039759_2259550.jpg


by snowmelt | 2009-11-17 18:26 | 陸産淡水産貝類 | Comments(10)
2009年 11月 12日

ケイソウの画像処理

楽しい画像処理のソフトを知りました。
本当は10枚ぐらいの写真をうまく合成すればいいのでしょうが、テストですので3から5枚の写真を
部分削除し合成させてみました。

昔、恐山の宇曽利湖は今の2倍以上も広く深かったのです。
今は、陸となっています、かなり山手に湖成堆積層があり、そこから珪藻(ケイソウ)を取り出しました。
顕微鏡写真を撮れば、ピントのあうところはかなり少ないのです。
いわゆる、被写界深度が浅いといいいます。
珪藻の表面の部分、中の部分、底の部分にピントがいった写真が3枚あったとします。

それを
ぼけた部分を消して、ピントのあった部分だけを合成すれば、全体にピントがあったような写真が作れるというのです。
e0039759_23365195.jpg

上のは失敗でした。
次の2枚はまあまあでした。
e0039759_23372473.jpg

e0039759_23374498.jpg

5年前の写真を使ったのですが、こういう使い道を考えて撮っていればよかったと悔やんでいます。
でも写真の撮り方にひとつ楽しみが増えました。

by snowmelt | 2009-11-12 23:45 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(6)
2009年 11月 08日

何スカシバですか。(ヤノコスカシバらしい。)

2009-08-09下北郡佐井村で撮影です。
e0039759_21545735.jpg
e0039759_21554928.jpg


zeさんからのコメントをいただきました。
「さて、画像のスカシバガですが、これはヤノコスカシバだと思います。」ということです。
ありがとうございました。

by snowmelt | 2009-11-08 21:56 | 昆虫 | Comments(2)