<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 15日

ウメバチソウ

ウメバチソウは
花がさいていても、おしべはほとんどなくなっています。
e0039759_237156.jpg

e0039759_2372652.jpg

黄色のぷつぷつまつげみたいなのはなんなのでしょう。
e0039759_239375.jpg

e0039759_23114823.jpg


いまは実の季節です。
e0039759_231023100.jpg


by snowmelt | 2009-10-15 23:12 | 植物 | Comments(3)
2009年 10月 15日

匂いのきのこ

はじめてです。
松たけです。
e0039759_22341287.jpg

香りが強すぎます。

でも、十年くらい前に、マイタケを初めてとったときは、
ほんとに、舞ったよな。

マイタケのほうが、香りで解ったくらい、まわりにただよっていたね。
一度に運べない収穫だった。
でも、その年以来まったくお目にかかっていない。

この松たけは、おっほほい と叫んだけれど、これっきり。
また、十年くらいは出会うこともないのかな。

それでも、結構楽しいね。

by snowmelt | 2009-10-15 22:46 | 菌類 | Comments(1)
2009年 10月 13日

ヤマナメクジ 

ヤマナメクジの休息はU字形だったろうか。
目をだした。
e0039759_2144158.jpg


by snowmelt | 2009-10-13 21:44 | 陸産淡水産貝類 | Comments(1)
2009年 10月 13日

コウガイビルの一種

コウガイビルの一種としかわかりません。
斑点がいい。
e0039759_21394556.jpg

青森県むつ市にて2009-10-12撮影

by snowmelt | 2009-10-13 21:41 | 土壌動物 | Comments(0)
2009年 10月 11日

ユキムシ

北海道の電波しか入らないところを走っていたら、
美幌峠はシャーベット状態で通行止めなどと言っていた。
うわぁ、もう雪か

林道に入ったら、ユキムシが飛んでいる。
傾きかけた光の中を結構飛んでる。
葉っぱに降りているのを探して、写真を撮ってみた。
飛んでるのを手のひらにうけて撮ってみた。
e0039759_2150576.jpg
e0039759_21511670.jpg
e0039759_21513512.jpg
e0039759_215150100.jpg

これが飛ぶと、雪が降るといわれている。
帰ってみたら岩木山に初雪が降ったとのニュースがあった。平年より10日も早いと。

アイヌ語でウパシ・キキリそのまま雪虫だ。
でも、それで終わらないのがアイヌの自然観。
シシャモ・キキリとかシベキとかナヌウェン・キキリとかいうとある。
いずれも、この虫がたくさん飛ぶと、シシャモや、サケや、カジカが豊漁だといわれる。
それぞれ、シシャモ虫、サケ虫、顔がみにくい(カジカの)虫との意味だそうだ。

by snowmelt | 2009-10-11 22:02 | 昆虫 | Comments(0)
2009年 10月 08日

日暈、幻日、環天頂アークなのか、幻日環なのか、風景

台風前日です。岩手でも青森でも日暈(内暈)がでたようで。
低気圧が接近するときに出るそうです。
これは、青森下北半島の日暈です。
e0039759_13144467.jpg

むこうに見える山は釜臥山です。
e0039759_13155634.jpg

右と左に光っているところは、幻日というやつでしょう。
日暈の一部が幻日となっているようです。が
この辺のことは、本当は「虹色掲示板」にお聞きすればいいのでしょう。
e0039759_1318713.jpg

e0039759_13183739.jpg

釜臥山のてっぺんに見えるのは完成しつつあるレーダーサイトです。
7階建てビルくらいのものです。
景観はよろしくないが、日本を守る重要な、目と口でしょう。
建設現場の人たちも、脇目をふらずにやってほしいものですが。

e0039759_13253247.jpg

日暈のてっぺんに、逆さ虹のようなひかっているところは
環天頂アーク(天頂環)と呼ばれるものだと思います。
これも、「虹色掲示板」にお聞きすればいいのでしょうが。
「楽しい気象観察図鑑」というのを参考にしています。
ありがたいことに輝さんからコメントをいただきました。
これは、「タンジェントアーク」だそうです。
「タンジェントアーク(上端接弧)、太陽高度がひくいときにはV字形になることもあります」と「楽しい気象観察図鑑」に書いてありました。
e0039759_13375819.jpg

e0039759_13382391.jpg

さて、日暈の右外側にも弧を描いているのがありました。
これは、わかりません。

幻日環というものかもしれません。
これも、輝さんからのコメントでは「ラテラルアーク」というものだそうです。
e0039759_1340172.jpg

e0039759_13402412.jpg


by snowmelt | 2009-10-08 13:45 | 風景 | Comments(3)
2009年 10月 08日

トホシカメムシ

トホシカメムシとは、十のホシがあるカメムシということになる。
黒い点がいくつあるか。
e0039759_11151724.jpg

前胸背に4個、小楯板に6個で計10個だ。
e0039759_11204421.jpg

もっと背中に2個ありそうだが、これは数えないのだ。

by snowmelt | 2009-10-08 11:21 | 昆虫 | Comments(0)
2009年 10月 07日

フトキセルガイモドキの一種

このキセルガイモドキはなんだろう。
e0039759_23181228.jpg

青森県東通村にて2009-10-07撮影
追記 矢野重文さまからコメントを戴きました。フトキセルガイモドキの一種ということです。
ありがとうございました。

by snowmelt | 2009-10-07 23:19 | 陸産淡水産貝類 | Comments(7)
2009年 10月 05日

クロシギゾウムシなのか

シギゾウムシがいた。しかし、なんか変だ。
e0039759_21562739.jpg

なんと触角が見えないのだ。ないのだ。
大事な感覚の大部分がなくても大丈夫なのか。

クロシギゾウムシなのかどうかはわからない。
ナラの木にいた。2009-10-06 むつ市脇野沢。

by snowmelt | 2009-10-05 22:02 | 昆虫 | Comments(0)
2009年 10月 02日

アオガエルの子ども

こんなに鼻がだんごだったろうか。
いやー、わからん。
モリアオガエル?シュレーゲルアオガエル?どうなんだろう。
どこかでみたような顔だ。
撮ったはいいが、わからないものだ、驚きだ。
e0039759_2223494.jpg


ちょいと、思いついたよ、
西川きよし さんが カエルに生まれ変わったら、 きっとこんなのではないですか。

by snowmelt | 2009-10-02 22:03 | カエル・サンショウウオなど | Comments(4)