<   2009年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

ナメクジの空中移動3?テレポーテーションモドキ3?

空間移動後のナメクジの姿と葉っぱはこんなふうに写ります。
e0039759_22244510.jpg

だいたいわかったでしょう。
でも、じつは、私は、こういうのは初めてなのです。

by snowmelt | 2009-07-31 22:31 | 動物 | Comments(0)
2009年 07月 30日

ナメクジの空中移動2?テレポーテーションモドキ2?

ゆっくり、ゆっくり、移動しています。
e0039759_22544326.jpg

ナメクジは、葉っぱには、まったく、触ってはいません。

by snowmelt | 2009-07-30 22:57 | 動物 | Comments(0)
2009年 07月 29日

ナメクジの空中移動?テレポーテーションモドキ?

「ナメクジはテレポーテーションをする」と書いてあった。

「小川のこちら岸の草に一匹のナメクジがいた。それを見ていたら、そのナメクジがだんだん消えていった。

と、見たら、向こう岸の草の葉に、一匹のナメクジが出現した」
これが、ナメクジのテレポーテーションだ、というのがなんかの雑誌にあったそうだ。

これを見たある少年はナメ研を創設し、いろいろと実験した。が、だめだった。
網戸のネットの穴くらいはすり抜けて(いなくなった)いける、とわかったが、ストッキングは脱出できなかった、と判明しただけだった。

ナメクジの体が分子になって空間を移動して、また別の場所に合成して現れることなど・・・。

さて、次の写真は「明るく」して「コントラスト」をいじってありますが、合成写真ではありません。
ガラスなど道具は使っていません。
これは、どう解釈しますか。

空間移動みたいでしょう。
e0039759_9572542.jpg


by snowmelt | 2009-07-29 10:01 | 動物 | Comments(2)
2009年 07月 21日

イシクラゲ 原核生物 陸生らん藻類 ネンジュモ属

ある人から、質問された。
道路そばのコケの中にキクラゲのようなワカメのようなぐにゃぐにゃするのがあるがあれは何か?
これはよく滑る。
乾くとぱりぱりして、桃屋の江戸むらさきごはんですよ、を乾燥させたようなの。
これを、退治したいが、どうやればよいか?
というものだった。
ははん、それは昔むかし、地球に誕生した生物のいっと最初のもの、ラン藻類のなかまですよきっと。
汚くみえるけど、害はないしといっておいたが、ブログにのっけておこう。
どんなとこにいるといえば、どこでもかなあ。こんなとこ
e0039759_0235257.jpg

気持ち悪いかな
e0039759_0243513.jpg

e0039759_025840.jpg

色合いはよくないね、
乾いても、そうでなくても
e0039759_0261051.jpg
e0039759_0263792.jpg

e0039759_027428.jpg
e0039759_028289.jpg

e0039759_0283795.jpg

これは、食べれるんだってよ。ポン酢、三杯酢で。
e0039759_0295289.jpg

e0039759_0302158.jpg

よく見れば、ゼリーか宝石のようでない?
e0039759_0313269.jpg

e0039759_0314955.jpg

e0039759_03277.jpg

e0039759_0323282.jpg

なにか、出芽(しゅつが)しているように見えませんか、どーかわからないけど
e0039759_034312.jpg
e0039759_0345121.jpg

ラン藻類の仲間は、ジュズモとネンジュモといつも書かれているけど、
顕微鏡で見てみると
e0039759_037954.jpg

e0039759_0373442.jpg

e0039759_0375034.jpg

数珠はわかるがネンジュとはなんだい?
e0039759_03905.jpg

なになに
「((珠(たま)ひとつまさぐるごとに仏を念ずるところから)) やじるし ずず(数珠)」と広辞苑に書いてある。
ジュズモもネンジュモも漢字で書けば同じなのか、いや数珠藻と念珠藻なんだろな。
でも、意味からいえば数珠(ジュズ)も念珠もイコール「ずず」なのでこんがらかるね。
よくわからん。ちょっと考えてた、「ねじれたジュズ」ではなかったねー。
試験管レベルで抗腫瘍作用や抗ウィルス作用確認だと、

by snowmelt | 2009-07-21 00:57 | 植物 | Comments(3)
2009年 07月 16日

ホソオビヒゲナガ♂ ?

背中側から撮すことができたらよかったのだが。
ヒゲナガガ科はいろいろいるが、
ホソオビヒゲナガだと思います。
e0039759_22333717.jpg


by snowmelt | 2009-07-16 22:44 | 昆虫 | Comments(0)
2009年 07月 16日

ムラサキイラガまたはウスムラサキイラガか

車のドアについていた。
e0039759_2263146.jpg

なんと不思議なかたちだろう。
e0039759_2272391.jpg

膝を折ってお手をついてのご挨拶のスタイルだが、尻をシャチホコのようにあげている。
WEBで調べてみたのだが、ムラサキイラガというものらしいが、ウスムラサキイラガというのも似ているらしいのでよくわからない。
写真を撮られたら飛んでいった。
e0039759_2293392.jpg

幼虫は黄緑色の楕円ドームといえばいいのか、イラガと言うので、すこし敬遠したい
イラガの棘は痛かった。

by snowmelt | 2009-07-16 22:16 | 昆虫 | Comments(2)
2009年 07月 12日

マガリケムシヒキ(アブ)が蛾を捕らえる

マガリケムシヒキが蛾を捕らえてきた。蛾はまだ生きていた。
背中にぶすりと口吻を刺すのだろう。
e0039759_2236753.jpg

これはメスです。
どこの毛が曲がるかというと次の写真のところらしい。
e0039759_22391449.jpg

マガリケムシヒキでしょう。

by snowmelt | 2009-07-12 22:40 | 昆虫 | Comments(0)
2009年 07月 10日

オドリバエ科の一種 Trichoclinocera dasyscutellum (Saigusa)

オドリバエ科の一種ですが、T.Saigusa先生に教えていただきましたのでアップします。
e0039759_20343936.jpg

2009-06-20 青森県下北半島で採集

オドリバエ科のClinocerinaeシブキバエ亜科

以下のコメントを戴きましたのでそのままのせておきます。

『Trichoclinoceraケミャクシブキバエ属の
Trichoclinocera dasyscutellum (Saigusa)です。
本種は最初Acanthoclinoceraという新属の元で記載しましたが、そのごTrichoclinocera属の範囲が広がり、この属に収められています。
本属の種(日本に数種います。他は北米と東亜から中央アジアでして、1種だけ周極分布の種が北欧にいます)は一般に渓流のしぶきのかかる石や岩の水際にいて、そのあたりの水生昆虫と幼虫を摂食しています。すばやい虫で、人影に気づくと水面に降りて滑走するように飛翔して別の岩に移りますので、採集は難しいものです。本種は他の種よりも細流を好みまして、森林内の緩やかな小渓流に生息しています。』

by snowmelt | 2009-07-10 20:53 | オドリバエ | Comments(0)
2009年 07月 09日

トビケラの群飛とそのビデオ動画

ナガレトビケラのなかまと思われるものが、
林道上で群飛していた。
私は初めて見た。
2.3百はいたのではないか。
牛にたかるハエかアブにも似たとびかた。
すごい速さとテンポで曲芸飛行する蛾なのかとも思った。
でも、どうもナガレトビケラのなかまにみえるが、
なんだろう。
HN思案中さんから貴重なコメントを戴きました。
『Ceraclea complicata (ナガツノヒゲナガトビケラ)のようです』とのことです。
みみず屋さんもおっしゃっているように、ヒゲナガトビケラなんですね。

ヒゲナガトビケラ科 タテヒゲナガトビケラ属 Ceraclea complicata ナガツノヒゲナガトビケラ
http://www.geocities.jp/tansuigyo_ofi_kke/KonntyuuNagatunohigenaga.html
これですねー。

e0039759_225586.jpg
e0039759_22553176.jpg
e0039759_2256040.jpg
e0039759_22562551.jpg
e0039759_22564490.jpg

長い触角がそれぞれ天と地へむいている。
どんな飛び方か、
ここに、ナガレトビケラの仲間 ナガツノヒゲナガトビケラと思われるものの群れ飛ぶ姿の動画をのせておきます



みみず屋さん、ミミズでもトビケラでも、なんですね。こんど太く短い(13-14センチの)ミミズをアップしますね。
今、手持ちで撮しましたのでアップします。どうぞよろしく。
e0039759_2282149.jpg
e0039759_2284654.jpg
e0039759_2291663.jpg
e0039759_2293548.jpg
e0039759_2295740.jpg

e0039759_22102141.jpg

e0039759_22104112.jpg

e0039759_2211796.jpg

e0039759_22113219.jpg

e0039759_22115783.jpg


by snowmelt | 2009-07-09 23:01 | 昆虫 | Comments(5)
2009年 07月 07日

ヒトツメカギバ カギバガ科 蛾の一種

ヒトツメカギバといってもなんだろうと思ってしまいます。
ガの一種、カギバガ科とあります。
e0039759_19382310.jpg


by snowmelt | 2009-07-07 19:38 | 昆虫 | Comments(0)