北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 25日

ヒガラとコガラ ハンノキの実をくう動画

ヒガラとコガラとコゲラとエナガが小さな群でわたりあるいている。
これはヒガラです。
e0039759_2138131.jpg

これはコガラです。
e0039759_21385431.jpg

ここにハンノキの実をくう、ヒガラとコガラのビデオをのせておきます。clickして見てください。59sec.

by snowmelt | 2009-01-25 21:45 | 鳥類 | Comments(4)
2009年 01月 18日

ヤマドリがヤドリギの実を Copper Pheasant 1min.movie

ヤマドリSymaticus soemmerringii のメスが木に登っている。
橫枝にとまっているのではなく登っていくのだ。

よく見るとヤドリギの実をねらっているらしかった。

やっとヤドリギの上にたどり着いたヤマドリです。
e0039759_21543611.jpg
e0039759_2155499.jpg

ビデオの前では実を口に入れるところは見られなかった。

環境的にはキジもいそうなところですが、
尾羽の先が白かったのがキジのメスとはっきりちがうところです。
ここに、木に登ってエサをさがすヤマドリのFLV動画をのせておきます。
clickしてみて下さい。




by snowmelt | 2009-01-18 22:03 | 鳥類 | Comments(0)
2009年 01月 18日

シノリガモ Harlequin Duck  1min. movie

シノリガモが何羽かいる。
みていると、1羽のオスがメスを追い払った。そのオスはもう1羽のオスと仲良く?並んで泳いでいる。彼らはどういう関係なのだろう。
動画のふたつ目のシーンです。
e0039759_2131579.jpg

ここに、シノリガモのビデオをのせておきます。clickして見てください。

by snowmelt | 2009-01-18 21:33 | 鳥類 | Comments(0)
2009年 01月 11日

キクガシラコウモリ その4 Greater Horseshoe Bat Bihavior Motion Picture

キクガシラコウモリのこどもらみたいで黒いのが天井にはりついている。
後ろ足でぶら下がっているのではない。四つ足でへばりついて、天井を四つ足ではうのです。
黒いものたちはかたまっていることが多い。
まっくろくろすけのように感じます。
このくろすけたちが天井を移動する格好がかわいらしく思えます。
その写真と動画をのせておきます。
矢印のところが移動中のくろすけたちです。
e0039759_1775645.jpg

右から左へと移動していきます。
ここにキクガシラコウモリと、まっくろくろすけたちの天井移動の動画をのせておきます。
コウモリの声もきいてみて下さい。

追記 まっくろくろすけたちは、キクガシラコウモリのこどもたちと思っていましたが、よくよくビデオをみれば、違う種類のコウモリかと思われるようになってきました。
モモジロコウモリ腿白蝙蝠 Myotis macrodactylus Japanese Large-footed Bat かもしれません。
これも、これからの楽しみになりました。

by snowmelt | 2009-01-11 17:10 | 動物 | Comments(0)
2009年 01月 11日

キクガシラコウモリ その3 Japanese Greater Horseshoe Bat Motion Picture

キクガシラコウモリ Rinolophus ferrumequinum 菊頭蝙蝠 
Greater Horseshoe Bat とは
顔にある鼻のまわりの形がHorseshoe 馬の蹄にはかせる鉄のくつ、馬蹄(ばてい)形になっているからこう呼ぶのだろう。
キクガシラ(菊頭)はあまりピンとこないなあ。
でもオオバテイコウモリはもっとよさそうではない。

もっともっと小ぶりのコキクガシラコウモリ Rinolophus cornutus は
Least Horseshoe Bat というらしい。
これも馬蹄をつければ、コバテイコウモリでこれもよくなさそうだ。

まあ、天狗こうもりと小天狗こうもりをテングとコテングとよび
同じように菊頭蝙蝠と小菊頭蝙蝠をキク、コキクとよべば話ははやくすすむ。
オオバテイ、コバテイじゃ長い(オオバ、コバでは意味でくぎっていない)。

さてここの動画は
翼づくろいをしているところに
7・8メートル離れたところでDVビデオテープのバック(セロハンなのかプラスチックなのか)を開けようとした小さな音がでると
それに反応して騒ぎだし、警戒、情報収集の大騒ぎ声に変わるところです。
セロハン紙のようなうすい膜は超音波をだしやすいのではないでしょうか。
これは毎回でした。
写真の1枚目は翼づくろい。
2枚目は顔をこちらに向けての情報収集警戒態勢というところです。
e0039759_1115783.jpg
e0039759_11152124.jpg

ここにキクガシラコウモリの平穏から警戒情報収集にかわる変化の動画をのせておきます。コウモリの声も聞いてみて下さい。

by snowmelt | 2009-01-11 11:20 | 動物 | Comments(0)
2009年 01月 10日

キクガシラコウモリ その2 Greater Horseshoe Bat Behavior Motion picture

キクガシラコウモリのこども(まだ乳をのんでいる小3ぐらい、こんなのはいないかな)は母親に抱きついている(後ろ足ちかくに擬乳頭というのがあってそれをくわえしがみついている)ときの体勢は

母親は後ろ足でぶら下がっているので逆さになっており、それにしがみついているこどもは上を向いている体勢になっている。
お互い逆向きなのです。

さて、ここで問題です。こどもがおしっこをするときどういう体勢でしますか?

すぐに答を言いますが、こどもたちは後ろ足で、親の肩あたりに逆さづりになって、自分にはかからないように上手におしっこをします。
おしっこの後は大あくびです。
e0039759_1115920.jpg


e0039759_1103895.jpg

ここに、そのオシッコと、あくびの動画をのせておきます。ここをclickしてみてください
少し騒がしい時の声も聞いてみて下さい。

by snowmelt | 2009-01-10 10:55 | 動物 | Comments(0)
2009年 01月 09日

キクガシラコウモリ コロニーでの行動動画1

キクガシラコウモリ 菊頭蝙蝠 Rhinolophus ferrumequinum この辺では一番大きいコウモリの部類にはいります。
他の小さな山のコウモリはいくらかじられても牙はヒトの皮膚を通さないが、キクガシラコウモリにかじられると血が出るあるよ。
コロニーにはメス親が集まって子供を産んで育て、秋になるとどこかに行ってしまう。(この場所は教えられない。バンディングされるといやだからだ。)

通算十七八年間は頭数は増えてはいないが、それほど減ってもいないようだ。
去年の夏は彼女らと子供らの行動と声を結構ビデオに納めることができた。

今回はその1。
こういうコロニーよ程度のビデオです。
かたまっているのところは大抵は子供を抱いている。
子供を抱いていない母親は飛び回ったりしている。
この画像では、なんか飛んでるな程度にみえるでしょうか。
e0039759_2323546.jpg
e0039759_2325597.jpg

ここにキクガシラコウモリの小コロニー半塊の動画をのせておきます。ぜひ音声も出して、声をきいてみてください。

本当は、まっくろくろすけみたいな子供の天井移動、とか(どうもこれは違う種類のコウモリに見えてきたのでカットします)
子供のはばたきスパルタ訓練とかが一番見せたい映像なのですが、これはあとで。
ハイビジョンのSONY FX-7よりもかなり古いSONY VX-2000というDVの方が暗い被写体に強いのですが、
やはりハイビジョンで残したいと欲をだしたため半分は失敗だったかもしれない。

ハイビジョンで見ればそれなりだが、FLVにしてしまえばしょうがないけどよくは見えない。それでも、一応ブログにも残しておこうと思いアップしておきます。

by snowmelt | 2009-01-09 23:17 | 動物 | Comments(0)
2009年 01月 08日

コテングコウモリ Ussuri Tube-nosed Bat 水飲み行動動画Motion Picture

昨年撮ったビデオでアップしていないのがいろいろあります。
これは昨年10月に撮ったものです。

コテングコウモリMurina usssuriensis か Murina silvatica が水を飲むときにシタをどういう形にするのか。
猫ならシタの裏で水をすくうように飲むだろう。
犬ならシタの表へりではないだろうか。
コテングコウモリは下あご先を水につけて、シタの前後運動ですこしずつ水を送り込んでいる様にみえる。
それにしても、とがった棒状のシタだ。
樹皮をなめるときはふつうの扁平なシタの形にみえるのだが。
e0039759_220446.jpg

e0039759_2211961.jpg

うまくないものを飲んでいる口つきに見えてしまいます。
ここに、コテングコウモリの水飲み行動のビデオをのせておきますあ、これはスロー再生にしています。

YouTubeにもアップしました。


by snowmelt | 2009-01-08 22:05 | 動物 | Comments(2)
2009年 01月 07日

ムササビのフン

雪の林の根元に1個だけありました。
わたしにとっては山で初めて見たムササビのフンです。
直径6mm程度、球体です。ウサギは扁平球でしょう。
e0039759_9492788.jpg

なんと、コウモリのフンとかムササビのフンなどいろいろなフンは漢方薬に使われているのですね。
e0039759_9524868.jpg

かなり昔ですが、この近所に、ムササビを家の中で飼育している家がありました。
夜、車を運転中にぶつかってきたのを保護したというか、その娘さんが何度か噛まれてもかわいがってやると慣れて、家の中で放し飼い状態でした。
鴨居のへりにとまって尻をむけるとすぐ袋でまちかまえてやる。と、その中にぽろぽろとフンを落とすと話してくれました。
おじゃましたときは、知らないひとは警戒するのでしょう、机の裏に潜り込み、引き出しをひいてやるとちょこんと顔を出したりしてかわいいものでした。お供えの餅とか、生け花とかは、ムササビの標的でしたね。

by snowmelt | 2009-01-07 10:13 | 動物 | Comments(0)