<   2007年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

ヒメベッコウは狩ったクモを 動画

ヒメベッコウ(ハチ)が、狩ったクモを巣に運んで行く途中だった。
クモ足の二本はすでになくなっている。
狩りそのものがどうだったのかは見ていない。
クモはひたすら、茎のかげづたいに逃げるのは見たことがある。
しかし、やられる寸前にはいくらかは反撃していそうだ。
その際クモの糸をかけられてはいまいか。
ハチは盛んに触角や足をすりあわせ掃除している動作が見られる。
確かめた訳ではないが、クモの糸をはらい落としているのではとみてしまう。
e0039759_22433427.jpg

ここにヒメベッコウバチと獲物のクモの動画を二つのせておきます。
まずは一つ目クリック。
もうひとつクリック。
YouTubeでも


by snowmelt | 2007-05-31 22:41 | 昆虫 | Comments(0)
2007年 05月 30日

マガタマハンミョウ

山道を歩くと、飛び立って、行く先へ先へと先導するかのような甲虫がいる。
ハンミョウというどう猛なやつで、ミチオシエと呼んだりする。

ところが、この写真のハンミョウは飛ばないし飛べない。
背中の模様を曲玉にみたててマガタマハンミョウという。
e0039759_22194261.jpg

e0039759_2220645.jpg

e0039759_2242339.jpg

青森県東通村の海岸の、今も昔も人家などどこにもないような沼の岸で、
それこそ曲玉のような石に人工的に細工して穴をあけかけたとしか思えないものを拾った。
現代人がこんなことをしそうには思えない。
時代は違うだろうが、この海岸はいにしえの古銭がたいそう打ち上げられたという。
石屋に行って、こういう石に穴をあけるにはどうしたらよいか相談した。
「やったことはないが、竹串に研磨剤をつけて錐のようにもんでみたら」と言われ、研磨剤までもらってきた。
やってはみたが穴はあかないままであるマガタマのような石。

by snowmelt | 2007-05-30 22:33 | 昆虫 | Comments(2)
2007年 05月 28日

ヨコバイのなかまの行動 FLV動画映像

ヨコバイの一種なのかわからないが、ジャンプするときの行動がなかなかいいと思った。
左右にゆれて目的地への視差を測り定めて、そして跳びだすのだろうか。
跳びだすときは、前肢を飛び込み姿勢のように前に突き出すのがまたいい。
空中への飛び込み競技のようだ。
e0039759_2261528.jpg

e0039759_2263574.jpg

e0039759_2265716.jpg

ここに、ヨコバイのなかまの一種のジャンプ準備行動の動画映像をのせておきます。

by snowmelt | 2007-05-28 22:08 | 昆虫 | Comments(0)
2007年 05月 27日

エゾハルゼミの羽化

エゾハルゼミはミョーキン!、ミョーキン!ケケケ・・・・となく。

妙見神社というのがあって、どうも、その名前と結びつく。
みょーうけん!みょーうけん!みみみみみみーとなくのがエゾハルゼミと、
白神山地の西方面で、三十数年前にかとうむつお先生に教えてもらったことがある。
その時初めてこういう樹皮にキセルガイという陸産貝が居るんだとつかまえて見せてくれた。
e0039759_0212595.jpg

e0039759_022944.jpg

e0039759_0223339.jpg

e0039759_0224731.jpg

e0039759_023059.jpg

e0039759_0231433.jpg

e0039759_0232999.jpg

e0039759_0234625.jpg

堅い土中生活用の殻から出た大きさはすごく体積が大きい。
水ならこの殻の中に入らないだろうし、
空気を体中にとりこんでチューブを膨らませるように大きくなるのだろうか。
昆虫の羽化のしくみはどんなのか、どこかに書いてあるだろう、探してみよう。
なになに、「血液を送り込むことによって翅をのばすと書いてある」が、
翅はいいが、組織にそうとう間隙がないとこうはならないだろうと思うが、空気で膨らむ部分が相当あるのではないかな、わからん。

by snowmelt | 2007-05-27 14:21 | 昆虫 | Comments(2)
2007年 05月 25日

カエル 卵の蹴り出し動画

倒木の下、張り出した根の下に産みくっつけた卵塊を、まだそこに陣取る雄ガエルは後足で蹴り出している。
ここにいる雄たちは、ほとんどはやってきた雌とともに産卵受精したはずである。
雌は山に帰っていく。
雄はまだ居残って、さらに、不確定的な遅れてやってくる雌を待っている間、
すでに産卵した卵を蹴り出しているという行動なのである。

この中には、自分が受精した卵塊が入っていると思うのだが。
自分の子孫だけを残したいという蹴り出し行動がエスカレートしたものだろうか。

一番遅れてきた雌の子孫だけが順調に生育するなら、だんだんと繁殖期は遅れていきそうな気がするが、ここ十数年間では温暖化のせいなのか、繁殖期はだんだん早まってきている。
そう、蹴り出された卵はほとんどふ化します。しかし、流れのあるところでふ化したオタマジャクシは月日とともに見えなくなってしまいます。
倒木の下、張り出した根の下の幼生が、子ガエルになっています。
蹴り出されたオタマが移動できそうにはあまり見えません。
この写真は蹴り出された、来年には生きてこの土地にいるかどうかわからない運命の卵の山です。
e0039759_20242373.jpg

e0039759_2024434.jpg

ここに、Ranaカエルの卵の蹴り出し動画をのせておきます。

by snowmelt | 2007-05-25 20:26 | カエル・サンショウウオなど | Comments(0)
2007年 05月 24日

ヒメベッコウはクモの足をどうするのか 動画

ヒメベッコウ(ハチ)の一種はフクログモらしいクモを狩ってきた。
泥でつくった部屋に入れる。
そのクモの足は数がまともではない。
ファーブル昆虫記には、足を切り取るとある。インターネットのあるHPでは、日本のある種はすこっと抜くようにとるとあった。青森のこのヒメベッコウはどうなんだろう。
いつ、足をとるのか。これから巣へ運んでいく途中段階で既に何本か足りない。
この夏にはまたいろいろ見たいことがある。
e0039759_23353960.jpg

ここにヒメベッコウが泥巣にクモを運んできた動画をのせておきます。
YouTubeでも


by snowmelt | 2007-05-24 23:35 | 昆虫 | Comments(0)
2007年 05月 23日

アカガエルの一種 FLV動画

このようなところにもいるカエルです。数百メートル離れたところには、いわゆるタゴガエル(Rana tagoi)がいますが、繁殖期がずれています。
e0039759_21193717.jpg

e0039759_21201066.jpg

このカエルはみたところ生態的にタゴガエルとは異なりますが、その生態さえも連続的にRana tagoiにつながるものがあるのか探しています。
ここにこのカエルの動画音声付き(いつものことですが)をのせておきます。

by snowmelt | 2007-05-23 21:31 | カエル・サンショウウオなど | Comments(0)
2007年 05月 22日

ツチハンミョウの一種の幼虫 動画

ニリンソウの花の中に、ツチハンミョウのちいさな幼虫が蠢いている。
ハナバチの来るのを待っているらしい。まちがって他の訪花昆虫にしがみつけば
ハイ、それまでよー、らしい。ファーブル昆虫記にもあるがよくこういうことが解るものだと
思う。
まだ、ニリンソウの花はさかりのことと(5月20日現在)、登っているツチハンミョウの幼虫の数が少ないことから、これからが幼虫の数が増える時期かと思うが、今度の日曜はどうなっているだろうか。わんさと山盛りになっている幼虫たちを見てみたい。
e0039759_2240271.jpg

e0039759_22404043.jpg

e0039759_2241143.jpg

風で花がふるえてピントがあわない。虫の目ビデオでは良くないので、ゆれて大変ですが
ツチハンミョウの幼虫が花粉に自らまみれてそっくりかえってハナバチをまつ様子を
動画でのせておきます。


by snowmelt | 2007-05-22 22:47 | 昆虫 | Comments(3)
2007年 05月 21日

カンムリカイツブリ交尾行動  ビデスコ動画

ここのカンムリカイツブリの繁殖期は平地より20日は遅れている。車を徐行させてストップさせ、双眼鏡で80~90メートル先のカンムリカイツブリを覗いたら、巣材を重ねているのが見えた。もう巣作り中か、派手なディスプレイは見られそうもないな、と発進しようとしたとき、雌が巣の上で身を伏せたように見えた。
雄は顔を右左、右左と動かす。
ありゃりゃりゃ、これはもしかして交尾するかもしれない。
このまま双眼鏡を覗いているしかないか、スコープとビデオをセットする時間はないだろう。
こういうときに限って三脚座もちがう、フィールターサイズも違う、みんなバラバラだ。
しかし、ダメでもともとと車を降りて後ろをあけて三脚を設置し、スコープをつけ、ビデオのワンタッチ三脚座アダプターを付け直して、リングを回して接続させようとするが軸がずれて取りつかない、あわてりゃ、なおうまくない。
あそびを大きくしてつけようとするがなかなかだ、かなり手間取ったが車の横から狙ったときもまだ、雄は顔の動きを続けていてくれた。
風が吹いてスコープがふるえる。手前のヨシがじゃまだが移動はやめた。
で、撮れたのが次の写真、カンムリカイツブリの交尾行動の映像です。最後に動画をのせます。
e0039759_22111930.jpg

e0039759_22183628.jpg

e0039759_22113897.jpg

e0039759_22115340.jpg

e0039759_22121632.jpg

e0039759_22123213.jpg

e0039759_22124936.jpg

e0039759_22131085.jpg

ここにカンムリカイツブリの繁殖行動、交尾行動のビデスコFLV動画をのせておきます。

by snowmelt | 2007-05-21 22:15 | 鳥類 | Comments(0)
2007年 05月 20日

月と金星

本当に久しぶりに晴れた休日だった。
今日まで必要と思い、つけていたスタッドレスタイヤも、山に行ってみたら全く雪のかけらもなく、あっという間に初夏っぽくなっていた。
それでも平地に比べれば20日ぐらい遅れだろう。
ニリンソウやキクザキイチリンソウがしっかりと咲いているし、
ヒキガエルが産卵しているところやこれからのところがあるくらいの時期おくれだ。

タイヤを取り替えて、夕空をみたら三日月と金星が出ていた。
暗くなってからビデスコで撮ってみた。
三脚がカメラ用なのでぴたっと止められない。でも、撮ってみた。
e0039759_2242628.jpg

e0039759_22422765.jpg

動画にする必要はないのでしょうが、長いタマはないし、
デジスコはやっていないのでここに動画をのせておきます

by snowmelt | 2007-05-20 22:45 | 風景 | Comments(0)