<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 27日

ホームページができました

お知らせです。
わからないながらやっとホームページをつくりました。

『北のフィールドノート』のホームページ版です。
http://www.geocities.jp/yezo_ensis/
e0039759_22111463.jpg


ブログはどこに記事があったのか、
月のはじめのもくじをたどっていくのは大変ですし、
カテゴリーからの検索もまた大変ですので、
結局他のblogを訪問しても、最近の記事だけになってしまうものなので、
ホームページからの検索を第一の目的にしたのです。
ホームページから見たいものを探すという方針です。

とはいえ、どうにもわからない。
このブログからホームページにリンクさせる方法さえわからないので、
とりあえずこんなページをつくりました。

どうぞよろしくお願いします。

by snowmelt | 2007-01-27 20:50 | Comments(4)
2007年 01月 21日

オオワシ ビデスコ動画

オオワシはいったん枝にとまるとなかなか動かないものです。
顔を大きく動かすことさえしません。
ビデオなので、そんな中から動きのあるとこを切り出しました。
たった何秒かの動きのほかは、何時間か殆ど動かないのです。
ビデスコ動画からの静止画像です。
e0039759_217432.jpg

e0039759_2175942.jpg

ここに、オオワシのビデスコFLV動画をのせておきます。
オオワシのビデスコFLV動画をのせておきます。

by snowmelt | 2007-01-21 21:09 | 鳥類 | Comments(0)
2007年 01月 21日

ユキガガンボ♀ 虫の目ビデオレンズ

ユキガガンボの正常そうなのを撮した。周りの山はやや暗い。
こういうときもうまくいかない。周辺光量が落ちすぎがめだちます。
動画のはメスだが、貼り付けた写真はオスだ。虫の目ビデオからの静止画像です。
e0039759_20554441.jpg

ここにユキガガンボ♀の虫の目ビデオ歩行動画をのせてみます。
ユキガガンボ♀の虫の目ビデオ歩行動画をのせてみます。

by snowmelt | 2007-01-21 20:56 | 昆虫 | Comments(0)
2007年 01月 21日

セッケイカワゲラ 虫の目ビデオ動画

雪が明るすぎると周辺光量が落ちすぎ、めだちすぎです。暗い雪でもまたうまくいかない。
まだまだだ。
e0039759_20445526.jpg

このくらいの速度で雪の上を歩行します。
ここにセッケイカワゲラの虫の目ビデオ動画をのせてみます。
セッケイカワゲラの虫の目ビデオ動画をのせてみます。
もっと寄らないと、虫の目の意味がなさそう。

by snowmelt | 2007-01-21 20:47 | 昆虫 | Comments(0)
2007年 01月 14日

シモキタシブキツボ(虫の目ビデオ動画)

虫の目ビデオレンズの野外でのテストは強度に問題有りでした。
三脚にコツンとあたったら、瞬間接着剤部分から外れてポロンとレンズが落ちました。
雪の中に。あれまー。

帰ってから、金属パテで再接着。そしてまた今日野外でテストしてみました。
一応合格。虫の目ビデオレンズV25号(正像)と名づけます。
もうひとつはV19号(正像)と名づけます。
更にデジカメ用はD19号(逆像)にします。
3本は9700円、10300円、5000円でできました。
あとは今までもっていたフィルムカメラのオリンパスOMマクロレンズなどをくみあわせます。
ビデオの場合は先端だけ交換すれば、広角マクロと超広角マクロとになります。
みてくれはよくありませんができた映像が問題でしょうから関係ないでしょう。

V25号(広角マクロ)でのテスト映像です。
ここにシモキタシブキツボの虫の目ビデオレンズのFLV動画をのせます。
シモキタシブキツボの虫の目ビデオレンズのFLV動画をのせます。

e0039759_19573633.jpg

右の肌色は人さし指です。シブキツボは7~8ミリのものです。
風で樹に付いている雪が飛ばされてきます。
e0039759_2011523.jpg

表面に水があるとなかなかうまく撮せません。
触角は水の中ではのびてみえますが、陸では耳のたれた犬のようです。

by snowmelt | 2007-01-14 20:04 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2007年 01月 14日

ユキガガンボ(虫の目ビデオレンズで動画)

雪の上のビデオは厳しい。
触っていないのに、このユキガガンボは足が故障しているような歩行だ。
本来はもっと素早く動くはずで、
虫の目ビデオで追いかけるのは大変だと思っていたのに
それでもマニュアルフォーカスは失敗。
途中からオートにしたがこっちの方がよかったか。
e0039759_0495612.jpg

e0039759_0492380.jpg

ここに自組み虫の目ビデオレンズでのFLV動画をのせてみます。
虫の目ビデオレンズでのFLV動画をのせてみます。

by snowmelt | 2007-01-14 00:52 | 昆虫 | Comments(0)
2007年 01月 12日

虫の目ビデオレンズのテスト第2試作改良型

できあがったと思ってもすぐに別なレンズの組み合わせを試したくなる。
これが虫の目ビデオレンズ沼というやつなのか。
e0039759_039957.jpg
e0039759_0392316.jpg

e0039759_039435.jpg

ここにほぼ115度ぐらい?の虫の目ビデオレンズテストFLV動画をのせてみます。
ほぼ115度ぐらい?の虫の目ビデオレンズテストFLV動画をのせてみます。

by snowmelt | 2007-01-12 00:49 | Comments(0)
2007年 01月 12日

虫の目ビデオレンズのテスト画角85度くらい

虫の目ビデオレンズ画角の違うものをつくりました。静止画の作り方を今までとは違うものにしました。3400円のソフトを買ったのです。わりとすっきりとしました。しかしユーリードビデオスタジオに比べると、ねらいどおりのところは切り出せません。
e0039759_027998.jpg

e0039759_0273559.jpg

e0039759_0275549.jpg

ここに虫の目ビデオレンズほぼ85度ぐらい?のFLV動画をのせます
ほぼ85度ぐらい?のFLV動画をのせます

by snowmelt | 2007-01-12 00:29 | Comments(0)
2007年 01月 08日

救出作戦だ。ハイイロウミツバメ動画

この時は林道をゆっくりと走っていた。
この辺は何かあるかな、
と車を止めた路上の前方に、また白っぽいゴミが捨ててある。
どうしてこうなんだろう。この辺のヒトは。

おや、へんだ。動いてる。
動くゴミだ。

近寄ってみればなんと鳥だ。掴まえてみた。
海鳥じゃん。ウミツバメじゃん。
初めてみるけどハイイロなんとかじゃん。
そうだ、夕べは北海道の風速40何メートルの嵐だ。
ここだって風速28.1メートルと言っていた。
迷行だ。[ずっと以前、弘前(一応内陸)にコウミスズメ(海鳥)が落ちてきたのを経験してる。]
これは遠洋性ではなかったか。
弱々しいやつだ。 (ヤマガラちゃんは強かった。)
例によって記念撮影させてくれ。
e0039759_19531695.jpg

e0039759_19535826.jpg

e0039759_19542057.jpg

鼻が管状か。
e0039759_1955514.jpg

福助頭だ。(こんな言葉は知らないヒトもいるだろうな)
e0039759_19553447.jpg

e0039759_1956373.jpg

尾羽が燕尾なのでウミツバメか。
e0039759_19572058.jpg

弱そうな足。
e0039759_1958267.jpg

e0039759_1959759.jpg

ようし、海に連れて行くからな。
放してやるから少しの辛抱だ。車にのせるぞ。
e0039759_201535.jpg

さて15分後、津軽海峡についた。
海は大荒れ。迷った。港の中の方が波はないが、岸壁から水面まで距離がある。
砂浜は大荒れ濁り波だが段差はない。
よし砂浜に置こう。
波が来たときに泳いでいくのではないかとの期待からだ。
(あまかった)
置いた。
さあ行け。海鳥だろ。
e0039759_2054952.jpg

これから先は動画です。
ハイイロウミツバメのFLV動画です。最初のひきつけ? とみえたのは怖いね。



後で調べたら、「めったに着水することなく飛びながらエサをひろう。
泳ぐことはない。休むときに浮くだけ。」などとある。

英名をstorm petrelと云うらしく、聖ペテロは水面を歩いたところから、
ハイイロウミツバメも海面を飛びながら歩くように移動することが名になっていると。
stormは嵐の時に船の風下に集まるのかね。
stormのときにだけ内陸でもお目にかかれるからかのね。私はこっち。

by snowmelt | 2007-01-08 20:10 | 鳥類 | Comments(2)
2007年 01月 06日

オニグルミ冬芽とシジミチョウの卵

冬芽というかその下というか動物か人の顔に見えるところがある。
e0039759_19374869.jpg

シジミチョウの卵(オナガシジミか)が産みつけられてある。
こっちはラクダのようだ。
e0039759_19501781.jpg

卵のアップ
e0039759_15515673.jpg

こっちの細いオニグルミは切られている。
e0039759_19452936.jpg

側に上半分が捨てられている。途中はない。
見れば、捨てられた枝にゼフィルスの卵が七つも八つも付いていた。
e0039759_2250331.jpg

このままじゃ、死ぬだろ。
写真を撮ってから、沼に切り口を沈めてきたが、芽生えて、幼虫が生きていけるだろうか。
2007.1.6 下北半島で

by snowmelt | 2007-01-06 19:56 | 植物 | Comments(2)