北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 31日

ブナ

ブナの老木です。この木は皮の方を残して生きています。
皮の方が残っているので生きているのです。維管束の部分は外側へと移動する見本です。
裏側には入口があり、人や熊が入れるくらいの樹洞になっていて、空が見えます。
e0039759_2311386.jpg

左のほうに古代ギリシャかローマぐらいの人の顔がありませんか、なんて。

by snowmelt | 2005-08-31 23:07 | 植物 | Comments(0)
2005年 08月 30日

花と蝶

蝶は花に訪れている方が安心して見れます。
e0039759_21271768.jpg
コキマダラセセリ 北海道大沼

by snowmelt | 2005-08-30 21:29 | 昆虫 | Comments(0)
2005年 08月 30日

糞と蝶

e0039759_2118891.jpg
コチャバネセセリが尻から液体を出して、口吻で吸っています。吸汁とか吸い戻しとか言われています。
でもその場所は動物の糞の上。液体は丸くなっているのであまり糞を溶かしているようには見えません。もっと柔らかいブツにしゃーしゃーとかけて吸い戻しをしている写真もありますが、少しなまなまです。東通村

by snowmelt | 2005-08-30 21:25 | 昆虫 | Comments(0)
2005年 08月 30日

ソバ畑

ソバの花がかなりめだちます。おいしいソバになるかな。
e0039759_2111483.jpg


by snowmelt | 2005-08-30 21:11 | 植物 | Comments(0)
2005年 08月 30日

風紋

青森県の砂丘です。
e0039759_2173773.jpg

砂丘には端っこがありました。
e0039759_2183733.jpg


by snowmelt | 2005-08-30 21:10 | 風景 | Comments(3)
2005年 08月 28日

オカモノアラガイ

こちらは、ただのオカモノアラガイ 陸の物洗貝(ににたもの)
e0039759_1039694.jpg
オカモノアラガイ Succinea lauta
上の個体は青森県東通村産、下の個体は青森県深浦町産
上の殻高は29㎜殻径17㎜で今までみてきたものの中では相当大きい。で、その場所にはこの手のものばかりだ。
以前そこは村のゴミ、電気製品などをたくさん捨てていた場所ではあるが、3倍体ができたろうか、まさか?ね。
下の方がよく見る手の大きさのオカモノアラガイだ。

by snowmelt | 2005-08-28 10:52 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2005年 08月 28日

ナガオカモノアラガイ

長めの殻の陸の物洗貝という名である。
e0039759_10273215.jpg
ナガオカモノアラガイ Oxyloma hirasei 東通村産

陸産貝類図鑑には関東から関西に分布とあるが、青森にもいる。人の入りそうもないところにもいるので、元から分布していたと感じる。

by snowmelt | 2005-08-28 10:36 | 陸産淡水産貝類 | Comments(1)
2005年 08月 27日

ミチノク サッポロ

陸貝(カタツムリ)である。
これは、ミチノクマイマイ Euhadra grata gratoides
e0039759_22115524.jpg
 
色帯のあるものと、ないものがあり、よーくは見ていないが、白い方が多く見える。
e0039759_22153572.jpg

青森県深浦町

次は、サッポロマイマイ Euhadra brandtii sapporo
e0039759_2220199.jpg

道央より西の北海道に分布するらしい。これは函館付近のもの。

by snowmelt | 2005-08-27 22:25 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2005年 08月 26日

コシダカヒメモノアラガイ

青森県上北郡平地のものである。
e0039759_239127.jpg


こちらは、北海道川上郡のほとんど人が入りそうもない山の、
林床に残るわずかな水たまりにいた。
e0039759_23131073.jpg

コシダカヒメモノアラガイの地方型かもしれない。

by snowmelt | 2005-08-26 23:16 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2005年 08月 24日

子供の食料は ガケヒメベッコウか

ヒメベッコウが狩ってきたクモ(フクログモの仲間と思う)をドロ巣に引き込むところだ。
e0039759_2227281.jpg

あれー。足が見えない。
なんと足が切られるのだ。
まず麻酔の針を打って、麻痺させて生きたまま幼虫に食わせるのだろう。
万が一、クモが目覚めても、足がなければ動けまいと、本能にセットされているのだろうか。
足が4本とか、6本とかを切られるとは、大手術で、
それでも生きているとは節足動物の足はどうなっているのだろう。節足以外なら死にそう。
本当に生きているのか、防腐作用があるだけなのか.....。
それにしてもいつ切ったのだろう。
e0039759_19465245.jpg

このヒメベッコウは、最後の巣にクモを入れることなく、見回り体制にはいった。
(他の個体にも同様なことが見られた。)2005.08.05 撮影

by snowmelt | 2005-08-24 22:44 | 昆虫 | Comments(0)