北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:動物( 163 )


2013年 12月 22日

大八木進化論  解説6

アカネズミの生殖隔離を説明する                  下北自然学巣 大八木 昭

染色体数が異なる場合には生殖隔離がおこる。

生殖隔離が起こったからと言って別種にするまでの必要がない種である。



『アカネズミは日本全域に生息する日本固有種である。

黒部川天竜川から西のアカネズミは染色体の数が、2n=46で
     それより東には2n=48の個体群が分布する。 (日本の哺乳類 改訂版 東海大学出版会 p137』

西には2n=46
東には2n=48

染色体突然変異のうちの「異数性」という変異である。46本より2本増えたのである。

分類では同一の種にしてあるのだから一対の染色体たとえばn番目かの染色体対が同じものもう一対できたのだろう。
ヒトで21番目 トリソミーというのは21番目は1対とそのうちの1本で3本(トリソミー)をあらわすが、21番目が2対あるようなものではないかと私は想像する。

だからアカネズミの染色体のn番目が2対あるというようなものであろう。

n番目の遺伝子群は2対あろうがアカネズミとしてこどもを増やせると言うことであろう。

日本固有種にはなっているが生物が日本でここからできるわけではない、黒部川天竜川あたりの大陸と地続きのところで2n=46のアカネズミが到達し、染色体上で生殖隔離を起こすために東に1対ふえたアカネズミが、黒部川天竜川を境に2n=48本のものとなって北上し北海道まで分布をひろげたという事であろう。モグラのように地中生活者ではないので中央構造線は影響なく川だけが境界になったのであろう。


大八木 昭の進化論とは次のものです。

 『進化とは個体増殖様式の差異がすすめる現象である』 
The evolution is the phenomenon that the difference of the individual increase style pushes forward   ・・・・・・・    大八木の進化論

                                            2013.12.19 青森県むつ市
補足.
・徐々に生殖隔離をおこすものは同所的種分岐をしうる。
・突然に生殖隔離をおこすものは発生の地点は同所的であるが、その地点は消失している。分布は重ならない。
当サイトに使用している写真・画像・文章の無断使用を禁止します。
※ Copyright (C) 2005-2013 北のフィールドノート All Rights Reserved

by snowmelt | 2013-12-22 22:10 | 動物 | Comments(0)
2013年 12月 22日

大八木進化論 解説6

アズマモグラとコウベモグラの進化を説明する  Shmokata Field Science Nest OOYAGI AKIRA


大八木進化論 解説5では青森県のヒダリマキマイマイからアオモリマイマイが分岐したことを説明した。
これは、大八木が直接現地を観察採集したものによる。

アズマモグラは青森県で拾ったことが3個体あるだけでコウベモグラなど見たことはない。
他人様の調べたことをこれがこう進化したとなどいうのもおかしいが、他人の資料を使わせてもらって進化を考察したい。だから、マイマイについては既知の右巻き遺伝子Dと左巻きの遺伝子dがあると云うことで考察できたが、これからいうことは本当はどういう遺伝子かは想像したものである。

アズマモグラは本州の東半分に分布し、コウベモグラは本州の西半分四国九州などに分布する。(日本の哺乳 改訂版 2005年 東海大学出版会 p023.p024)

日本産モグラ科の染色体による分類土屋公幸 (ほ乳類科学 28(1):49-61,1988 web上PDFでは
アズマモグラの染色体数は2n=36で
コウベモグラの染色体数も2n=36である

e0039759_1923668.jpg


日本の哺乳 改訂版 2005年 東海大学出版会 p024には『染色体構成に生殖隔離をもたらすほどの分化がみられることから、ここでは独立種とした』とあります。

さてもう一つ分かれば考えやすいのですが、どちらからどちらが分岐したかはmtDNAでわかってはいるのでしょうが、私にはその資料がありませんので、大陸に近い方からくるのではと考えてこれからは、私の偏見で説明します。

染色体数が同じであるが、『染色体構成に生殖隔離をもたらすほどの分化がみられる』ということを次のように考えるのです。

両種どちらも長さ大きさ比べて似たものだと判断します。そこでどれか1対の染色体にある遺伝子群でしょうが此処では機能的なことを言葉を私が考え出すのです。
 
対立遺伝子 RF と LF を考えます。RF と  LF に優劣はありません。

モグラは寒さに強いのと暑さに強いのが脂肪層の厚さに比例します。

LF は 左半身の脂肪層を作るの遺伝子とします。
対立遺伝子 RF は右半身の脂肪層を作る遺伝子とします。

LF と RF をもてば脂肪層が全身を覆い寒さに強くなります。

LF と LF をもてば左半身の脂肪層が2倍になります。が右半身の脂肪層がありません。右半身が涼しいのでやや暑さに強くなります。

RF と RF をもとば右半身の脂肪層が2倍になります。が左半身の脂肪層がありません。左半身が涼しいのでやや暑さに強くなります。


短い言葉で言えば、 LF・RF 寒強 、 LF・LF 暑強 、 RF・RF 暑強 となります。

アズマモグラ は LF・RF の遺伝子構成です。

コウベモグラ は LF・LF  RF・RF の 遺伝子構成です。

本州の能登半島佐渡 あたりのところ、(その時は大陸とつづいていたと考えます)に入り込んだLFとRFをそれぞれにもつコウベモグラモグラは能登半島あたりから東へLF・RFをもつものはアズマモグラへと分岐し分布を北へもひろげ、西へはコウベモグラが分布をひろめたと私は考えます。

分布が分かれる部分はは中央構造線の地面の構造によるものではないかと想像します。

これが、私の考える遺伝子による種分化です。進化です。

こどもを増やす様式の差異と云うのは、寒さに強い胚か、暑さに強い胚か で どちらかに弱い未熟胚は増えないという事です。そこに劣勢の致死遺伝子座もあると考えてもいいかもしれません。

これで、コウベモグラからアズマモグラが分岐したことを想像したお話を終わります。


大八木 昭の進化論とは次のものです。

 『進化とは個体増殖様式の差異がすすめる現象である』 
The evolution is the phenomenon that the difference of the individual increase style pushes forward   ・・・・・・・    大八木の進化論

                                            2013.12.19 青森県むつ市
補足.
・徐々に生殖隔離をおこすものは同所的種分岐をしうる。
・突然に生殖隔離をおこすものは発生の地点は同所的であるが、その地点は消失している。分布は重ならない。
当サイトに使用している写真・画像・文章の無断使用を禁止します。
※ Copyright (C) 2005-2013 北のフィールドノート All Rights Reserved


  

by snowmelt | 2013-12-22 20:23 | 動物 | Comments(0)
2013年 10月 05日

カナヘビのこども

カナヘビのこどもたちがちょろちょろと走っている。

ハエをいやがるこども。

ユスリカぐらいだと食べる。



by snowmelt | 2013-10-05 22:47 | 動物 | Comments(1)
2013年 07月 16日

ある日・森の中・〇さんが出てきたよ

広角単レンズでトンボを狙っていました。

奥の方に見えたものは・・・・・・・・動いている・・・木の上を歩いてる



by snowmelt | 2013-07-16 23:04 | 動物 | Comments(0)
2013年 07月 16日

ある日・森の中・×さんが出てきたよ

なにかが来る気配がしました。

ビデオを構えて待っていました。



でも、びっくりしました。

by snowmelt | 2013-07-16 22:56 | 動物 | Comments(0)
2013年 06月 25日

蜘蛛の子を散らす動画

蜘蛛の子を散らしてみました。
e0039759_2221439.jpg



by snowmelt | 2013-06-25 22:22 | 動物 | Comments(0)
2013年 05月 23日

子ウサギ・脱兎のごとくにすこし迫力なし

トウホクノウサギの子ウサギがいました。
e0039759_21495839.jpg

このままの子どもの生まれる割合でいくと、西暦3000年には日本人はいなくなってしまうそうな。
日本の国にはどういう人たちが暮らすことになるのだろう。
中国人あたりが一人っ子政策をやめて、拡散しつくすのだろうかね。
日本人がいなくなったときに、滅びるのは日本語だと物の本に書いてある。

脱兎の如くとか、蜘蛛の子を散らすとか、目白押しとか、イタチごっことか、今の人は動物を見たことがないひとがあたりまえになってきているので言葉の意味さえわからなくなってきているのだろうな。
ところで、「イタチごっこ」を国語学者はわかっているのだろうか。どうも、国語学者は分かっていないのではと疑いますね。
蜘蛛の子や目白押しは映像で示せるけれど、いたちごっこは出会えそうにもないね。


西暦3000年に日本語が滅びるのを見越してか、
先手をうって英語教育を教科として小学校から教えるという。
日本が日本人の国でなくなっていくこと。政府はそんなことも考えているのかね。なにかちぐはぐ。

子ウサギの動画を載せておきます。


by snowmelt | 2013-05-23 21:50 | 動物 | Comments(0)
2013年 03月 27日

これは何獣?正体はOOOOOか.

いろいろ調べても分かりません.これはなにものでしょうか.

e0039759_22225039.jpg


e0039759_22255646.jpg


e0039759_22262493.jpg


e0039759_22331497.jpg

e0039759_22335797.jpg


指と鈎爪のある動物です,ここらにいそうな動物から消去法でいくと,ウサギ,キツネ,タヌキは当てはまらないでしょう.
レンズはキャップは67mmのもので,短径69,長径72mmです,
さらに,5本指ですから,ノネコ,は当てはまらない.
たしかに4本指もありそう(5本指で1本はないということもないとはいえないけれど)

前足指が4本で,後足指が5本というのはムササビらしいが,杉林のなかからずっとやってくるなどとは考えられないし,超巨大ムササビでないとね.

指の足りない子グマ?では,親熊の足跡もないし冬眠からさめていないだろうし.

アナグマは5本指で前も後ろも爪は長いし.
テンは5本指ですが,これは巨大テンでないとあわないし,

海カワウソはずっと前足が小さいし,アライグマはもっと指が長いし,分からないのです.
誰かわかったら教えてほしいのですが.

追記,1,てっちゃんとのコメントで,ハクビシンは第3指と第4指は接近しているけれど,爪痕は2本つくはずだしと,この4本指足跡に見えるところを爪の数で迷っていたのですが

追記,2
正体はなにか.消去法でいって,この足跡は右後ろ足で第3指と第4指が接近して4本指にみえているが前も後ろも5本指の獣であると解釈していけば,

以前は青森県には入ってきていないと見なされていた,ハクビシンが浮かぶしかないようです.

下のコメントにも書いておきましたが,この山のつらなりで,ハクビシン(足跡)と

アライグマ(今回のメールでは自動撮影しっぽのシマシマあり)を確認したというコンサル担当者は,

ギャロップの付き方からも可能性はハクビシンが一番だと教えられました.

いやはや,アライグマとハクビシンがもはや,完全に本州最果てまで来ているのです.唖然.


北海道はアライグマがかなり前から沢山いるようだし,ハクビシンも分布になっている.

アライグマ北米からの捨てたペットでしょうが本州の北の果てまでのっとるのは時間の問題でしょうかね.

ハクビシンは帰化動物か昔から日本にすんでいたか分からないそうですが,

青森県や北海道にはいなかったはずなのに.

by snowmelt | 2013-03-27 22:48 | 動物 | Comments(2)
2013年 03月 26日

雪の下で活動していた跡

ハタネズミだと思います.
e0039759_16292818.jpg


by snowmelt | 2013-03-26 16:29 | 動物 | Comments(0)
2012年 10月 14日

キクガシラコウモリ

今まで見てきた下北のキクガシラコウモリの繁殖コロニーは、

だいたい、9月中旬までにはどこかに行ってしまっていた。

10月中旬に見たことはなかった。

なのに今日10月14日に、いつもの壕に、6匹のキクガシラコウモリがいたのには少し、驚きだ。

e0039759_22134649.jpg
e0039759_22134212.jpg
e0039759_2214103.jpg


by snowmelt | 2012-10-14 22:14 | 動物 | Comments(0)