カテゴリ:動物( 162 )


2017年 03月 12日

海獣初登場、ただし二死体

魚港の中になんかいると孫娘が云った。

あれあれ、顔のない黒い海獣の死体だ。大きい人2㍍以上だ。

またまた、孫が云う。こっちにもいる。

こっちはやや小さい。

アシカ科だろう。オットセイなのかニホンアシカなのか、そんなとこだろうと思っている。

死体A、顔なしの大きい方
e0039759_23441738.jpg
e0039759_23444377.jpg

死体B、眼のまわりが何かにくわれたか。2㍍くらいか。
e0039759_23475364.jpg
e0039759_2348482.jpg

ナマンダナマンダ。
下北半島、太平洋岸にて2017.03.11

by snowmelt | 2017-03-12 23:50 | 動物 | Comments(0)
2017年 02月 23日

サルが歩く

ニホンザルが雪の中を歩いています。


by snowmelt | 2017-02-23 17:07 | 動物 | Comments(0)
2016年 11月 30日

雪が降って2  動物のあしあと アニマルトラック

雪がふって でネコの足跡がかわいいものだったので、ついでにいろいろ撮して見た。
レンズキャップの直径は横57mm縦60mmです。
ネコの足跡
e0039759_1533947.jpg
e0039759_1535666.jpg

キツネの足跡
e0039759_1562553.jpg

e0039759_1565126.jpg
e0039759_157105.jpg
e0039759_1572345.jpg

次はきつねの連れ合いだと思います。
e0039759_1581480.jpg


リスの足跡 前足を先について、後ろ足がその前につくので これでは左に進んでいます。
e0039759_1512358.jpg
e0039759_15121458.jpg


アナグマの足跡
イタチ科なので5本指です。
e0039759_15132524.jpg
e0039759_15133528.jpg
e0039759_15134820.jpg
e0039759_1514325.jpg


テンの足跡
e0039759_15144653.jpg
e0039759_15145612.jpg
e0039759_1515956.jpg
e0039759_15152027.jpg
e0039759_15153319.jpg
e0039759_15154582.jpg
e0039759_1516013.jpg
e0039759_15161068.jpg

2016.11.30 東通村目名

by snowmelt | 2016-11-30 15:16 | 動物 | Comments(0)
2016年 09月 29日

しりや馬

寒くもないので、寒立馬ではなく、しりや馬。
e0039759_22543919.jpg


by snowmelt | 2016-09-29 22:47 | 動物 | Comments(0)
2016年 09月 29日

尻屋のアナグマ

寒立馬の尻屋の草地にアナグマが居ました。
e0039759_19322850.jpg


by snowmelt | 2016-09-29 19:32 | 動物 | Comments(0)
2016年 07月 21日

カナヘビの尾

カナヘビのしっぽは長さがさまざまだ。

これはながーーいと感じる。

e0039759_2193154.jpg




次のはふつうながさ。

e0039759_2110507.jpg


by snowmelt | 2016-07-21 21:09 | 動物 | Comments(0)
2016年 05月 24日

シマリスの恋歌

今の人は、最初を聞いただけで分かる人はほとんど居ないのではないかな。

北海道で育っても過去には2回くらいしか聞いてなかった。

次のものがその正体です。



シマリスの恋歌なのです。

by snowmelt | 2016-05-24 23:11 | 動物 | Comments(0)
2016年 04月 09日

カモシカ 4KからのHD

カモシカがフッキソウをかなり食べてさらに地表のなにかを食べて木の芽吹きを食べています。
e0039759_23343521.jpg



by snowmelt | 2016-04-09 23:35 | 動物 | Comments(0)
2015年 11月 12日

カモフラージュ

これもまたカモフラージュだ。

e0039759_23241833.jpg


親はトリノフンダマシ 鳥の糞だまし

その卵嚢はヤナギカレハダマシ 柳枯葉だまし

by snowmelt | 2015-11-12 23:27 | 動物 | Comments(0)
2015年 08月 10日

アナグマが出てきた、足下まで

ヤマドリのような、しかしやや違う声がした。

ビデオを回した。

なんと、アナグマだ。

近づいて来る。

しかも、2匹だ。

一匹は上へと行った。

もう一匹追いついてきた。これは子供だ(黒い筋が薄い)。

母親だと思うが、近づくと、激しく追いやられた。

おかげで、私の左足もとに子供を間近で見られた。

私の臭いを嗅いで子供は逃げた。

母親はオスと思われるやつの後をおっていった。

これが、子離れというものだろう。

最初の声は子供が母ちゃん母ちゃんと呼んでいたのではないかと思っている。



2015.08.10 名久井岳で

by snowmelt | 2015-08-10 22:04 | 動物 | Comments(0)