カテゴリ:虫こぶ( 3 )


2015年 11月 13日

ヨモギハシロケタマフシ

虫こぶです。
虫こぶ同好会掲示板で、ヨモギハシロケタマフシだと教えていただきました。
e0039759_1565250.jpg

ヨモギのハ(葉にできる)シロケ(白い毛の)タマ(丸い)フシ(虫こぶ)と言うようですが、
褐色なのは、初冬だから変色したのです。夏は白い毛玉のようらしいです。

これは2015年11月12日に東通村でとったものですが、市田さんは東通村でヒメヨモギについていたものを
ヒメヨモギハシロケタマフシとして記録されていました。

私はヨモギの一種としてしか分からなかったのでヨモギハのままです。
市田さんにみていただいて、ヒメヨモギとなるかと思いますがわかりません。

スポンジ状でかなり緻密でかたい虫こぶです。
カミソリでようやくカットできたと思ったら、虫まで切ってしまいました。
e0039759_15162580.jpg
e0039759_15163679.jpg

切れてはいますが、赤いのでヨモギシロケフシタマバエ(=ヨモギケフシタマバエ)Rhopalomyia cinerarius Monzen(1937)だろうと思います。

by snowmelt | 2015-11-13 15:21 | 虫こぶ | Comments(0)
2015年 11月 11日

むしこぶ・虫こぶにひかれ

先日、市田さんにお会いしたとき虫こぶの話をしていただいた。

興味をそそられて、しまった。

そういえば、忠さん親子に見せてもらったのも、スカシバガの幼虫がそうさせた『虫こぶ』にほかならないのだったね。

目先をかえて、自然をみよう。

まずは、採ってみて、切ってみて、市田さんに教えていただいたもの2種。『』内は市田さんのことばです。

一つ目、モチノキ科、ハイイヌツゲの虫こぶ
e0039759_22355233.jpg

切ってみる
e0039759_22364068.jpg

e0039759_223658100.jpg

古いのは
e0039759_22373314.jpg

これは『イヌツゲメタマフシでイヌツゲタマバエAsteralobia sasakii(Monzen,1937)により形成されるもの』ということです。

『虫こぶの名前は、植物名+虫こぶ形成部位+虫こぶ形状+虫こぶを表す「フシ」という語尾で構成されます』
イヌツゲ メ( 芽 )タマ (丸い) フシ (虫こぶ)ということ。

二つ目、ヤナギの一種の虫こぶ。
e0039759_22465715.jpg

e0039759_22471467.jpg
e0039759_22472663.jpg
e0039759_2247388.jpg
e0039759_2247529.jpg

これは『ヤナギエダマルズイフシで、ヤナギエダコブタマバエRabdophaga salicivola Shinji,1938が形成するものです』
ヤナギ エダ(枝) マル(丸い)ズイ(髄部に虫がいる) フシ(虫こぶ)ということと教えていただきました。

タマバエがクモの糸にたくさんぶら下がっているのを撮ったりしたことがあったが、タマバエたちがこういう虫こぶから出て来るとはしらんかった。

 

by snowmelt | 2015-11-11 22:55 | 虫こぶ | Comments(0)
2009年 08月 07日

ナラハウラマルタマフシ 

虫こぶ(ちゅうえい)の一種です。
ナラハウラマルタマフシとナラハヒラマルタマフシとは区別がつけにくいそうです。
ハヒラの方が9月頃からできはじめるというので、(今日は8月7日なので)安直にナラハウラマルタマフシだろうなと書いています。
ミズナラの葉です。
e0039759_2241447.jpg

中に、ナラハウラマルタマバチというハチの幼虫がいるらしい。
あるいはナラハヒラマルタマバチというハチの幼虫かもしれない。
ややこしいし、わからない。
なにかしら食欲がでてくる色だ。
だ液がでそう。すっぱそう。
e0039759_22495740.jpg


2015.11.12以下追記
市田さんにおききしたところ、ナラハウラマルタマフシでしょうと言うことでしたので、?を削除しました。

by snowmelt | 2009-08-07 22:51 | 虫こぶ | Comments(1)