カテゴリ:地衣類( 17 )


2016年 11月 29日

カラタチゴケでしょう 地衣類

①カラタチゴケは、地衣体は叉状に分岐し、ところどころ縦に走る溝があるのが、カラタチゴケで
②ササクレカラタチゴケは分枝は細裂し、先端に粉芽があるとあり、
③ニセカラタチゴケは枝の主軸が扁平で短く、主軸と分枝に小棘枝を生じてとある
見れば②③ではないと判断しカラタチゴケと判断しました。

e0039759_20341550.jpg
e0039759_2034322.jpg

サルオガセ科 カラタチゴケ属であり樹皮に着いていました。いい形です。
2014.11.24 東通村目名地区

by snowmelt | 2016-11-29 20:38 | 地衣類 | Comments(0)
2016年 11月 12日

ヤグラゴケでしょうか

地衣類のヤグラゴケかそのあたりの種類でしょう。わかりません。

ウグイスゴケでしょうか。 ほんとのヤグラゴケは、ヤグラばっかりのようですね。

e0039759_11244225.jpg
e0039759_11245174.jpg


by snowmelt | 2016-11-12 11:24 | 地衣類 | Comments(0)
2016年 04月 26日

アカサビゴケの一種・地衣類

テロスキステス科オオロウソクゴケ属のアカサビゴケらしいがわかりません。

今日みたのはなかなかいい色あいだったので撮りました。
e0039759_20381056.jpg
e0039759_2038235.jpg


by snowmelt | 2016-04-26 20:38 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 11月 29日

ムカデゴケ科のふたつ・地衣類

ムカデゴケ科のものはなんとすごい足?偽根をしているのだろう。どちらも岩についていた。

e0039759_17565488.jpg

e0039759_17572384.jpg


触っていないが、スチール製のブラシかムカデ・ゲジ足に見える。


e0039759_17585859.jpg


おわんのような子器はこの写真のは伸び上がるようである。(レカノラ型というのが伸びるのかはしらない。)

そして、柄の部分にもムカデ足がでてる。

e0039759_17582568.jpg

e0039759_17591960.jpg

e0039759_20174418.jpg
e0039759_2018329.jpg


次の地衣類の足は黒くはない
e0039759_1801121.jpg


by snowmelt | 2014-11-29 17:59 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 11月 26日

ヘリトリゴケの一種・地衣類

ヘリトリゴケの一種

縁隈取りのコケなんでしょね。岩についていました。

e0039759_22173140.jpg


顔に見えるものがある。

e0039759_2217483.jpg
e0039759_22175865.jpg
e0039759_2218934.jpg
e0039759_22182168.jpg


by snowmelt | 2014-11-26 22:18 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 11月 18日

モジゴケの一種など地衣類

モジゴケはモジに気をとられがちだが浮き出る下地が本体なんだろう。

種類がなんだとか調べはするまえに私はなんとすごい自然の文様なんだろうと見入っているだけでいい。

次のは縦位置だが画面を大きく入れるために横位置にした。画面を拡大してみてみて。
e0039759_223633.jpg

次のは横位置そのまま
e0039759_224022.jpg


つぎのもわからない地衣類だがまた見入る。
e0039759_22411466.jpg


by snowmelt | 2014-11-18 22:41 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 11月 08日

モジゴケを食うやつは

ブナの幹にモジゴケの一種があった。

コ゛ケとはいっても苔ではなく、また地衣類だ。

その文字を削り取っている者がいた。

付着藻類はよくマイマイやヤマナメクジに削り獲られているが、この削り方とは違う。

なんだろうか

e0039759_22513412.jpg

モジゴケの拡大を
e0039759_22515185.jpg


by snowmelt | 2014-11-08 22:52 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 11月 02日

シラウオタケのようなもの

シラウオタケは全身が白だったと思う。

ところがこれはてっぺんがとがって色が違う。

シラウオタケはきのこ図鑑に出ているが、緑藻と共生するので地衣類とみなす事もある(日本のきのこ)という。

地衣類としての名前はキリタケという(東北きのこ図鑑)と書いてある。


地衣類研究会ではシラウオタケ(キリタケ)というようにして地衣類に入っている。



この写真はシラウオタケなのかシラウオタケの一種なのかはわからないが地衣類にいれておこうと思います。

しかし、全くわかりません。

e0039759_2321774.jpg


補記

地衣類について

地衣類は分類学上は菌類(共生体)なんだ。キノコであるが藻類と共生しているものを地衣類というんだ。

地衣類は菌類に含まれるということか。

ふえかたは 地衣類は胞子、粉芽、列芽でふえ、菌類は胞子、粉子などでふえる。
        ついでに、コケ類は分類学上は緑色植物で、主として胞子でふえる。茎と葉の区別がある。など

by snowmelt | 2014-11-02 23:22 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 10月 15日

ジョウゴゴケのなかま・地衣類

地衣類もみれば気になる。

ジョウゴゴケがありました。

とは書きましたが、

『ヒメジョウゴゴケ、ジョウゴゴケなど、ヒメジョウゴゴケ群の形態はよく似ていて見分けは困難。

分類は試薬を用いる必要があります。』と書いてあります。

ジョウゴゴケのなかまがありましたと訂正します。


e0039759_1430105.jpg
e0039759_14302017.jpg

e0039759_16533814.jpg


by snowmelt | 2014-10-15 14:29 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 10月 01日

イワカラタチゴケ・地衣類

岩に付く普通種イワカラタチゴケでしょう
e0039759_21413138.jpg


by snowmelt | 2014-10-01 21:41 | 地衣類 | Comments(0)