カテゴリ:変形菌類( 15 )


2015年 08月 17日

オオムラサキホコリでしよう

かなりわんさとはえていた
e0039759_0134531.jpg
e0039759_014379.jpg
e0039759_0141516.jpg
e0039759_0142622.jpg

2015.08.16 佐井村

by snowmelt | 2015-08-17 00:14 | 変形菌類 | Comments(0)
2014年 12月 30日

ムラサキホコリ属の一種2つめ

またムラサキホコリ属の一種でしょう
e0039759_1442536.jpg
e0039759_14421680.jpg


by snowmelt | 2014-12-30 14:42 | 変形菌類 | Comments(0)
2014年 12月 30日

変形菌類の変形体

変形体は動きます。

時間をかければのはなしですが。

e0039759_139138.jpg
e0039759_1392697.jpg
e0039759_1393783.jpg
e0039759_1394915.jpg
e0039759_14001.jpg
e0039759_1401153.jpg
e0039759_1402375.jpg


これはナニホコリなのかは私にはわかりません。

by snowmelt | 2014-12-30 01:40 | 変形菌類 | Comments(0)
2014年 12月 30日

ムラサキホコリ属の一種

変形菌類ムラサキホコリ属の一種でしょう
e0039759_119932.jpg
e0039759_1193627.jpg


by snowmelt | 2014-12-30 01:19 | 変形菌類 | Comments(0)
2014年 12月 30日

ウツボホコリの一種

これも変形菌類のウツボホコリの一種でしょう
e0039759_1105925.jpg

e0039759_1111897.jpg


by snowmelt | 2014-12-30 01:11 | 変形菌類 | Comments(0)
2014年 12月 30日

シロウツボホコリ

変形菌類のシロウツボホコリでしょう
e0039759_10051.jpg

e0039759_191728.jpg


by snowmelt | 2014-12-30 00:59 | 変形菌類 | Comments(0)
2009年 08月 26日

菌類?変形菌類?

黒いつぶつぶ。これは菌類きのこのなかまだろう。
ニチュキア科とういうなかにはいるかもしれないが、わからない。
でも変形菌ではないだろう。
e0039759_23355685.jpg

この色は何だ。これはキノコではないだろう。
これは変形菌だろう。がナニホコリなのか、わからない。
全くゴミがなければ、ほんとに美しい。
e0039759_23422111.jpg

これは上の黒い粒よりずっと小さい。宇津救命丸くらいの大きさだ。

by snowmelt | 2009-08-26 23:44 | 変形菌類 | Comments(0)
2009年 08月 21日

変形菌のなかま クモノスホコリなのか

これも子実体です。
変形菌は内生胞子、か外生胞子かで分けられ、

内生胞子は、暗色の胞子、か明色の胞子かで分けられ、

明色の胞子は胞子嚢の中に、

細毛体という網状のものがある、か細毛体がないかで分けられ、

細毛体がないなかには、
リケアホコリ科マメホコリ属、
とクダホコリ科クダホコリ属・ドロホコリ属

とアミホコリ科アミホコリ属 と クモノスホコリ属

があり、こいつはクモノスホコリ属のものではないかと思っているのですが、わかりません。
e0039759_10112529.jpg

e0039759_10122877.jpg

e0039759_1015664.jpg


by snowmelt | 2009-08-21 10:15 | 変形菌類 | Comments(0)
2009年 08月 21日

変形菌(粘菌)のなかま シロジクモジホコリ?

変形菌の一種、シロジクモジホコリだと思います。
子実体です。
柄(え)は白色。
てっぺんの丸いところ全体は、胞子嚢(ほうしのう)です。

「胞子嚢はきわめて小さい。直径は0.3ミリないし1.5ミリ、高さは2ミリに満たない。柄のある子実体でもせいぜい3ミリだ」と「森の魔術師たち」(朝日新聞社・萩原博光、伊沢正名)に書いてあります。
さらに、
「子実体は、倒木や落ち葉の上に直接生じているように見えるが、実はそうではない。薄い透明な膜が介在している。この膜を『変形膜』という。」
とあります。
つまり、ワイングラスがテーブルに置かれている、その底面よりももっと薄い透明な膜の上に子実体が立っているということです。
e0039759_922168.jpg
e0039759_9222197.jpg

胞子の入ったふくろ(嚢)のなかに、ココアの粉のような胞子があります。
それが飛び散るのです。
e0039759_9224892.jpg

e0039759_923184.jpg


by snowmelt | 2009-08-21 09:34 | 変形菌類 | Comments(0)
2009年 08月 20日

変形菌のなかま

変形菌については一回だけ写真をのせた
今年は雨が多かったせいか、結構見ることができた。
今の生物の分類では、
動物界、植物界、菌界(カビ、キノコ)、
プロチスタ界、
そして、モネラ界(原核生物・核膜をもたない)の五つにわけられる。

動物界、植物界、菌界、プロチスタ界までは、核膜をもつ真核生物だ。

変形菌類は、真核生物であって動物界にも植物界にも菌界にも入らないものの寄せ集めであるプロチスタ界に便宜上いれられているということだ。

動くよ、接合するよ、とどまるよ、胞子をつくるよ、発芽するよ、鞭毛をもつ細胞をつくるよ、などといえばなんなのだかわからない。
次の写真4枚は動きの大きな状態で「変形体」という。
e0039759_22443481.jpg

e0039759_22451842.jpg

これが、一匹の変形体らしい。(細胞膜はひとつ)
最先端はゆっくりと、固化と液化を繰り返し、前進するらしい。(時速数センチ)
血管様の脈の中がすごい、一秒間に一ミリぐらいで原形質流動の様なことをおこしているのだと。
簡単にいえば中身が流れていき、とまり、逆流するのだと。
e0039759_22523272.jpg

ここがまさに、流れているところでしょう。
e0039759_22541119.jpg

そうしたものが、網目状になり、糸と糸の交差点が上に伸び始める。
「子実体・しじつたい」というものの形成だ。
e0039759_22564444.jpg

この形がいろいろと、素晴らしくみえるのだ。
これはチョウチンホコリという子実体に似ている。
そしててっぺんに胞子をつくり、胞子が風などでホコリが舞うようにまき散らされるので、
だいたいは、ナントカホコリという名前になっている。
e0039759_22582895.jpg

胞子を飛ばした子実体のすがた。
e0039759_239118.jpg

これから、いろんな変形菌類たちの姿をのせてみます。

by snowmelt | 2009-08-20 23:10 | 変形菌類 | Comments(0)