カテゴリ:昆虫( 459 )


2016年 12月 14日

オオウスバカゲロウ

オオウスバカゲロウです。
e0039759_2312596.jpg
e0039759_2313470.jpg

2012.09.02 横浜町

by snowmelt | 2016-12-14 23:02 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 12月 14日

シロモンムカシハナバチヤドリ

なんだかわからない名前ですが
シロモンしかわかりません
シロモンムカシハナバチヤドリでしょう。
草にささっていると思ったら、草に噛みついていました。こういう体勢で休憩だそうです。
e0039759_22442264.jpg

2012.09.02 横浜町

by snowmelt | 2016-12-14 22:44 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 12月 03日

これはモジツノゼミでしょうか、ニトベではないでしょうね

昨日、津軽昆虫同好会のCelastrina No.51 Nov.,2016 が届きました。
楽しいですね。全部カラーで、しかも会費3000円ですからね。
青森自然誌研 のほうは、会費6000円で、カラーページは別途ウン千円かかるので、カラーには二の足をふみます。

ところで、50ページにおよそ100年ぶりに確認された青森県のニトベツノゼミ というのがありました。

あれ、こいつはいつぞやあそこで見たやつではないかとファイルを探してみて、やっと見つけました。

2009.07.03 にはモジツノゼミにしていましたが、ニトベツノゼミではとの疑問がでてきました。

ただし、モクレンにもマユミにもとまってはいなかったと思います。

もしも、ニトベなら

ツノの尖りがやや鈍なので♀なのかなとか思ったりしていますが、

e0039759_10302673.jpg
e0039759_10304137.jpg
e0039759_10305549.jpg
e0039759_10311112.jpg
e0039759_10312355.jpg
e0039759_10313967.jpg

2009.07.03 むつ市奥内の蜆沢上流部での撮影です。

支脈縁ではニトベではないですね。モジツノゼミでいいでしょうか。

またze_phさん、見ていたら、どうなのか、よろしくお願いします。
セラストリーナでニトベツノゼミの報告を書かれたluciolaさんからコメントがありました。
モジツノゼミでよろしいとのことでした。

by snowmelt | 2016-12-03 10:34 | 昆虫 | Comments(2)
2016年 11月 30日

なにフユシャクでしょうか 回答 ヒメクロオビフユナミシャクでした。

2016.11.18 むつ市川内町蛎崎林道でみたものです。
zephさん、celaさん、見ていたら、お教えください。
e0039759_232022.jpg

クロオビフユナミシャクかなとおもいましたが。ze_phさんから-クロオビフユナミシャク♀でした。

次は2016.11.30 東通村目名林道です。
e0039759_2321444.jpg
e0039759_23215277.jpg
e0039759_23215972.jpg
e0039759_2322877.jpg

これはフタスジフユシャクでしょうか。ze_phさんから-フタスジフユシャク♂でした。

以前のものですが、これはなに蛾でしょうか、触角はシャクガでは糸状が多いみたいですが、シャクガでしょうか。あるいはこれは翅がもっと伸びていつて飛ぶのでしょうか。ze_phさんからコメントいただきました。ヒメクロオビフユナミシャクの♂でした。羽化して間もないので、これから翅が伸びて飛ぶようです。
e0039759_10481463.jpg
e0039759_10483545.jpg
e0039759_1048529.jpg

2005.11.06 むつ市恐山

また次は何シャクでしょうか。ze_phさんのコメントから、これはヒメクロオビフユナミシャクの♀でした。
e0039759_10491731.jpg
e0039759_10493113.jpg


翅は♀にしては大きいけれど飛ばないとあります。

むつ市川内町海峡ライン2004年11月あたり、ポジから

by snowmelt | 2016-11-30 23:22 | 昆虫 | Comments(2)
2016年 10月 22日

シラキトビナナフシ 函館ちかく

10月4日に北斗市はずれで、シラキトビナナフシを採りました。
というより地上に落ちていたのを拾ったのです。
e0039759_20414059.jpg
e0039759_20415078.jpg

卵です
e0039759_2042032.jpg

シラキトビナナフシは点々と北海道にいるらしく、不自然な分布らしいです。自然分布なのか人為分布なのかわからないそうです。
下北ではヤスマツトビナナフシしか見ていません。といっても気を漬けてみている訳ではありませんが。

by snowmelt | 2016-10-22 20:47 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 07月 21日

コオニヤンマの羽化殻

コオニヤンマはサナエトンボ科で最大らしい
野辺地のコンクリート護岸に沢山ついていた
e0039759_2115311.jpg
e0039759_21151683.jpg
e0039759_21152573.jpg


by snowmelt | 2016-07-21 21:15 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 06月 22日

ウスバシロチョウとイチモンジチョウ

今日は歩けばヒメシジミだらけの原っぱがあった。

なのに、少し前のウスバシロチョウと昨日のイチモンジチョウです。
e0039759_23182353.jpg
e0039759_23183037.jpg
e0039759_23183845.jpg


by snowmelt | 2016-06-22 23:19 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 06月 18日

フタコブルリハナカミキリ

ヨツコブらくだかと思った。

フタコブルリカミキリ北国では普通種だそうだ。かっこよい。

e0039759_22471320.jpg
e0039759_22472868.jpg
e0039759_22474470.jpg

いいコブだ
e0039759_22481443.jpg


by snowmelt | 2016-06-18 22:48 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 05月 24日

カゲロウの幼虫・水中動画

弱い流れの中に沢山のカゲロウがいる。大きさがまちまちだ。羽化がちかいかなと思うもの、ちいさいものもなんだか同一種にみえてしまう。
尾を流れてくる方向にむけているのが多いと感じたがどうしてだろう。



by snowmelt | 2016-05-24 10:12 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 04月 13日

スジボソヤマキチョウボロボロ越冬個体

スジボソヤマキチョウのボロボロ越冬個体でも飛びます。

5倍スローにしてみました。



by snowmelt | 2016-04-13 22:16 | 昆虫 | Comments(0)