北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:カイエビなどの淡水生物( 69 )


2016年 09月 21日

カイエビの一種の脱皮後の交尾

カイエビの一種♀(向こう側)が脱皮をしました。

e0039759_18484129.jpg
e0039759_18484970.jpg
e0039759_18485768.jpg
e0039759_1849575.jpg


その後こちら右側の♂が交尾をしています。



by snowmelt | 2016-09-21 18:49 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)
2016年 09月 17日

カイエビの一種の歩行探索

5月に採った津軽半島のカイエビが、9月下旬の今、まだ健在です。

一時的水滞の時だけの成体一生と思っていたら間違いでした。

水底をエサかなにかをさがしているのか、歩行的な行動です。

e0039759_11113370.jpg
e0039759_11114054.jpg
e0039759_11114815.jpg
e0039759_1112226.jpg
e0039759_11121464.jpg
e0039759_11122568.jpg
e0039759_1112399.jpg
e0039759_11124974.jpg

e0039759_11153848.jpg

4K動画です


by snowmelt | 2016-09-17 11:16 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)
2015年 07月 03日

ヨコエビ団子の出来方

この頃のテレビは食べ物の話題とかドラマが鼻につく。

NHKに特に感じる。有り余るほどの食べ物を朝ドラの初っぱなから見せて、それを視聴者はどうみているのかな。なーんにも感じないんだろな。

今の朝ドラは私は見る気になれません。それは自分のかってでしょう。作り手も視聴者も。

しかし受信料をとって、食い物番組で視聴率を上げようというのは受信料は獲るなといいたい。

もっとましな番組をつくるために使えといいたい。

今日の記事は団子のレシピではありません。

しかし、勘違いしている人も少なからずいそうな気がしています。以前に動画でヨコエビ団子を出したときに見る人が多かったように感じました。

今日のヨコエビは数の多さに圧倒されました。沢一面がヨコエビだらけ、そして、ところどころにヨコエビ団子が出来るのです。

スジエビが事故死して居た所にメスを抱いたオスヨコエビがやってきて、メスヨコエビがスジエビの肉に食らいつきました、ははん、こんな風に団子ができるのかと待っていましたが団子はできませんでした。

なにに集まるのでしょうか時間がなくて、ほどいてはみませんでしたが、今度はほどいてみましょう。

e0039759_2257351.jpg




by snowmelt | 2015-07-03 22:58 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)
2015年 07月 03日

ミジンコ・ボール

ミジンコが球になって群れている。
e0039759_11262684.jpg


球はムクドリの大群をはるか向こうに見るように縦に斜めに移動してみえる。

球状であったり、縦長の楕球状であったりして湧き始めている。

e0039759_11242644.jpg
e0039759_11243755.jpg
e0039759_11251781.jpg
e0039759_11253090.jpg
e0039759_11254277.jpg
e0039759_11255425.jpg



2015.07.02 青森県蓬田村にて

by snowmelt | 2015-07-03 11:26 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)
2015年 06月 28日

ザリガニとスジエビの卵のつく位置は

青森県の(ニホン)ザリガニが卵をつけていましたので撮しました。

e0039759_1553555.jpg




ニホンザリガニという呼称は本当はザリガニなのですが、ニホンにはいってきて増え続けたアメリカザリガニと間違わないように、とくにニホンとつけたりしていますが、「ザリガニ」という和名でいいのです。

エビ目ザリガニ科のザリガニとエビ目テガナエビ科のスジエビの卵はどこについているか比べてみました。


スジエビが卵をつけていましたので撮しました。
e0039759_1674971.jpg

e0039759_15524485.jpg



by snowmelt | 2015-06-28 16:05 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)
2014年 12月 13日

ウスヒメカイエビとタマカイエビ



青森のウスヒメカイエビとタマカイエビです。

by snowmelt | 2014-12-13 13:49 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)
2014年 08月 30日

津軽半島のカイエビ

水田の生物として知られるカイエビです。

五所川原あたりでの記録があります。

これは、蓬田村のものです。

タマカイエビやヤマトウスヒメカイエビはきれいですが、カイエビは表面の色が黒くて大きくてきれいとは言えません。



by snowmelt | 2014-08-30 22:20 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)
2013年 09月 21日

ウスヒメカイエビの一種

水田ではありません。

水田に発生するカイエビではありません。

今年はすこし様子がちがいます。

いつも見ていた大型䚡脚類のヤマトウスヒメカイエビとは、時期も遅いし、かなり小さいのです。

でも、栄養状態によるのかもしれません。わかりませんが、載せておきます。

e0039759_21385431.jpg
e0039759_2140178.jpg
e0039759_21391116.jpg
e0039759_21402064.jpg
e0039759_21393354.jpg
e0039759_21395337.jpg


動画も載せておきます。


by snowmelt | 2013-09-21 21:41 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)
2013年 08月 24日

トゲオヨコエビでしょう・水中動画

キタヨコエビ科のものは体を横にねかせて這うので名の通りヨコエビだ。

これはキタヨコエビだと思います。

e0039759_22223524.jpg




by snowmelt | 2013-08-24 22:13 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)
2013年 08月 24日

モクズガニ(かわがに)の水底歩行

モクズガニは素早く動く、動き出せば十中八九ピントはあわせられない。

たまにわっくり動いてくれるのがいると撮れる。



by snowmelt | 2013-08-24 22:10 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)