北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:淡水魚類( 147 )


2014年 12月 17日

川の中のニジマス・自然

ニジマスが泳いでいます。



by snowmelt | 2014-12-17 19:13 | 淡水魚類 | Comments(0)
2014年 12月 15日

サケがのぼる

サケがのぼる様子
e0039759_14173673.jpg


by snowmelt | 2014-12-15 14:17 | 淡水魚類 | Comments(0)
2014年 12月 10日

ヤマメが泳ぐ

以前に撮ったものです


by snowmelt | 2014-12-10 12:24 | 淡水魚類 | Comments(0)
2014年 08月 30日

北海道にまた行きます・すごいアイヌ語名のさかな

この間のドジョウです

フクドジョウというものです。
e0039759_21385016.jpg
e0039759_21385538.jpg


エゾホトケ(ドショウ)の色変わりです。
e0039759_22333776.jpg

目の色が黒いし⒊-4箇所黒い斑があるので、アルビノではないでしょう。

追記
北海道なら何処の川にもいるフクドジョウのことをアイヌ語ではなんと云うか
e0039759_11382890.jpg

e0039759_11384719.jpg

「一般にチチラカイと呼ぶが、釧路地方では屈斜路を含めてチチラカンと呼んでいる。

また日高の沙流川すじではチチラとも呼んでいるが、いずれも意味不明である。」コタン生物記 更科源蔵

「チチラカイ、チチラカン、チチラ」分類アイヌ語辞典 知里真志保

しかし、この意味不明というチチラカイを、こういう意味だと書いてあるとゲッチョさんに教えてもらった。

それはなんと、「チチラカイ(我らが・陰茎・のにおいがする・者)、・・・」北海道の淡水魚 稗田一俊
とあるのだ。

はてさて、私はそんなに柔軟性はない、わからんわからん。フクドジョウの臭いを嗅いでも掴んだ手を嗅いでも臭いはしない。
100匹ぐらい握ればなにか臭いがするのかもしれないが、したとしても、
柔軟性がないので確かめるすべはない。ひとさまのは嗅ぐ気には絶対ない。

「釧路の屈斜路では、この魚はチョウザメの叔父さんを意味するオンネチェプ・ケウスッという名で呼ばれている。小さいが形が似ていて、変に髭などはやして大人びているからかもしれない。・・・胆振白老ではレキ・ウシ・チェッポ(髭のはえている小魚)と呼んでいる。)」コタン生物記

by snowmelt | 2014-08-30 21:41 | 淡水魚類 | Comments(0)
2014年 06月 08日

ウグイの色あい

ウグイのいる色合いです。
e0039759_19322514.jpg


by snowmelt | 2014-06-08 19:32 | 淡水魚類 | Comments(0)
2014年 06月 07日

ヤマメのこども・水中動画

少し前(5月中旬)のものですがのせておきます。


by snowmelt | 2014-06-07 21:50 | 淡水魚類 | Comments(0)
2014年 06月 06日

下北半島むつのヤマメとイワナ・どちらも陸封状態

昨日は津軽半島でヤマメとイワナを撮した。

今日はむつ市でヤマメとイワナをながめた。

ヤマメです。


イワナです。


暗いのでPCで明るくしすぎました。

おまけのイワナ、これは海に下って上がってこれるのではないかという場所にいました。


by snowmelt | 2014-06-06 00:12 | 淡水魚類 | Comments(0)
2014年 06月 04日

津軽半島カニタのヤマメとイワナと

蟹田のヤマメもイワナも下北半島のとは斑点斑紋顔つきがちがうみたいだ。

イワナなんかは顔がとがってみえる


by snowmelt | 2014-06-04 23:15 | 淡水魚類 | Comments(0)
2014年 04月 29日

アメマス(エゾイワナ)

こぶりのイワナがいました。2匹みえました。

すると、大きいやつが現れて、小ぶりの2匹は見えなくなりました。

水底のエサを小石ごとあさっているようです。小石をはき出すところが写っています。


by snowmelt | 2014-04-29 14:34 | 淡水魚類 | Comments(0)
2013年 12月 12日

雪国のティラピア

ナイルティラピアOreochromis niloticus というやつだと思います。
テイラピア ニロチカとかイズミダイとかチカダイとかよばれ温泉水での養殖がはやったやつでしょう。

青森市内の温泉排水の流れ出るどぶ川にいたとか、野木和公園や小川原湖にいると書いてある。

これは下北半島のティラピアです。

2004年に外来生物法で要注意外来生物に指定されています。

しかし、飼養等の規制が課されるものではないし

青森県水産振興課漁業近代化資金では融資する魚種にテラピアとあり、5号資金(1)養殖用種苗の購入育成資金として融資する。とあります。

なんだろうね、要注意外来生物って。



by snowmelt | 2013-12-12 23:45 | 淡水魚類 | Comments(0)