2009年 01月 11日

キクガシラコウモリ その3 Japanese Greater Horseshoe Bat Motion Picture

キクガシラコウモリ Rinolophus ferrumequinum 菊頭蝙蝠 
Greater Horseshoe Bat とは
顔にある鼻のまわりの形がHorseshoe 馬の蹄にはかせる鉄のくつ、馬蹄(ばてい)形になっているからこう呼ぶのだろう。
キクガシラ(菊頭)はあまりピンとこないなあ。
でもオオバテイコウモリはもっとよさそうではない。

もっともっと小ぶりのコキクガシラコウモリ Rinolophus cornutus は
Least Horseshoe Bat というらしい。
これも馬蹄をつければ、コバテイコウモリでこれもよくなさそうだ。

まあ、天狗こうもりと小天狗こうもりをテングとコテングとよび
同じように菊頭蝙蝠と小菊頭蝙蝠をキク、コキクとよべば話ははやくすすむ。
オオバテイ、コバテイじゃ長い(オオバ、コバでは意味でくぎっていない)。

さてここの動画は
翼づくろいをしているところに
7・8メートル離れたところでDVビデオテープのバック(セロハンなのかプラスチックなのか)を開けようとした小さな音がでると
それに反応して騒ぎだし、警戒、情報収集の大騒ぎ声に変わるところです。
セロハン紙のようなうすい膜は超音波をだしやすいのではないでしょうか。
これは毎回でした。
写真の1枚目は翼づくろい。
2枚目は顔をこちらに向けての情報収集警戒態勢というところです。
e0039759_1115783.jpg
e0039759_11152124.jpg

ここにキクガシラコウモリの平穏から警戒情報収集にかわる変化の動画をのせておきます。コウモリの声も聞いてみて下さい。

by snowmelt | 2009-01-11 11:20 | 動物 | Comments(0)


<< キクガシラコウモリ その4 G...      キクガシラコウモリ その2 G... >>