北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 07日

ムササビのフン

雪の林の根元に1個だけありました。
わたしにとっては山で初めて見たムササビのフンです。
直径6mm程度、球体です。ウサギは扁平球でしょう。
e0039759_9492788.jpg

なんと、コウモリのフンとかムササビのフンなどいろいろなフンは漢方薬に使われているのですね。
e0039759_9524868.jpg

かなり昔ですが、この近所に、ムササビを家の中で飼育している家がありました。
夜、車を運転中にぶつかってきたのを保護したというか、その娘さんが何度か噛まれてもかわいがってやると慣れて、家の中で放し飼い状態でした。
鴨居のへりにとまって尻をむけるとすぐ袋でまちかまえてやる。と、その中にぽろぽろとフンを落とすと話してくれました。
おじゃましたときは、知らないひとは警戒するのでしょう、机の裏に潜り込み、引き出しをひいてやるとちょこんと顔を出したりしてかわいいものでした。お供えの餅とか、生け花とかは、ムササビの標的でしたね。

by snowmelt | 2009-01-07 10:13 | 動物 | Comments(0)


<< コテングコウモリ Ussuri...      ピルスブリムシオイガイCham... >>