2008年 12月 28日

クビキレガイモドキCecina manchurica 標本写真

クビキレガイモドキ・クビキレモドキはいつどこからクビが切れるのか。

クビキレガイモドキは原色日本陸産貝類図鑑(東正雄)には、
殻高は6~7mm、3~4層と書いてある。
これは首が切れた状態の殻層数です。
次の写真が普通に見るクビキレガイモドキです。
e0039759_0483228.jpg

e0039759_0241325.jpg
e0039759_0243672.jpg
e0039759_0245568.jpg

殻頂から白くなって、もろくなり、あるところから壊れおちるようです。
e0039759_0252159.jpg

e0039759_0254074.jpg

折れ落ちるという方が良いでしょう。
e0039759_026071.jpg
e0039759_0262658.jpg
e0039759_0265052.jpg

殻頂から何巻きのところで折れるのか見てみましょう。
e0039759_0301132.jpg

e0039759_0303134.jpg

3巻半から4巻と言うところでしょう。
ということは、クビキレガイモドキはクビが切れないと6.5から7,8層というところなのでしょう。
でも、ぽろっと落ちるのは全層が完成する前に落ちるようで、個体差がありそうです。
ここの写真は2003.4.27青森県むつ市で採集したものです。

by snowmelt | 2008-12-28 00:44 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)


<< ピルスブリムシオイガイCham...      ヤマボタルCochlicopa... >>