2005年 09月 11日

トワダオオカ

十和田大蚊である。ブナの幹にとまっていた。1センチとか1.3センチとかある。
口が曲がっている。これじゃ血は吸えないだろというより、血を吸わない蚊だ。
幼虫時代は他の蚊の幼虫を食うという。蚊を駆除する蚊か。
ブナの幹にできたくぼみ(ホールピット)に水が溜まっていることがあるがそういう中に幼虫がいるという。見たことはない。
e0039759_22363126.jpg

高いところにいたので、手を伸ばしてマニュアル、ノーファインダーでとれた。上出来上出来。
e0039759_2238238.jpg
2005.9.11下北半島縫道石山で撮影(これはホントは縦位置です)

今度はファインダーを覗いてピントをあわせて撮った。
さあ、蚊の後ろの方に跳ね上げた足は中肢か後肢か、どーっちだ。
このトワダオオカは、なんと5本足でした。右の方は跳ね上げている。
左は2本で跳ね上げていない。当然だろうが左2本のうち1本上げればバランスがとれない。左は3本のうち中肢がないようだ。
では、右の方で上げているのは中肢か後肢か。
1枚目をみればわかるが後肢でした。
右は前、中で立ち、後を跳ね上げる。左も本来なら後を跳ね上げたいのだろうな。学習したのかな。 なんのため跳ね上げるの。

次は赤いトワダオオカ
e0039759_2254851.jpg

なんて、赤いダニがついているのでした。

by snowmelt | 2005-09-11 22:58 | 昆虫 | Comments(0)


<< カワシンジュガイ・コガタカワシ...      ルリイトトンボの羽化 >>