北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 28日

アユの群れとはみあと 動画

「アユの話」という本を読んだのは35年くらい前のこと。宮地伝三郎、岩波新書だったと思う。
今、古本で1円や60円や100円という値がついたりしている。(配送料340円)
本棚のどこに置いたか探せない。たしか、この時アユが岩の表面の珪藻や苔?をかじりとった跡を「はみあと」ということを知ったはずだ。
今回、はっきりと図にあったようなはみあとをみて、なーるほどと合点がいった。
合点がいくまでにずいぶんと時間が経過したものだ。
それだけ、アユは私にはなじみがないというだけだ。

なわばり、友釣りというのもこのとき読んだはずだが、教科書では個体数が多いと、追い払うのに手一杯になるため縄張りをつくらないで群れるという。しかし、この場合は石の表面は有り余るほどの珪藻か苔?があるからか、なわばりをつくる必要もなく群れで動いているように見える。
e0039759_23181174.jpg

下の横になっているのがはんでいる体勢だろう。
e0039759_23184182.jpg

そして、はみあと、うわくちびる?としたくちびる?の跡。
e0039759_2319119.jpg

水中では群れは撮せなかった。川の上からの群れとはみあと(これは水中)の動画です。

by snowmelt | 2008-07-28 23:23 | 淡水魚類 | Comments(0)


<< イワナ 水中動画      ノスリのホバリング FLV動画 >>