2008年 03月 20日

ムクドリはサクラドリ 動画

下北にもムクドリがやってきた。
道東では4月から5月にやってきたのではないだろうか。
さくらどりと呼んでいた。
子供のころ、道東では畑を耕すのに、馬が使われていた。
掘り起こされた土の虫、ミミズたちを採るために、
馬と掘り起こし機と馬追人のあとを、さくらどりたちがついて歩くのが家の近くでいつも見られた。
桜のまだ咲かないときに現れるのに、さくらどりというのはなんでだろうと感じていた。
切り株に緑青色の卵がひとつだけのっかっていたことがあった。
さくらどりの卵にちがいないと直感したが、後年になって当たりだったことがわかった。
巣にたどりつくまえに産んでしまったのだろうか。
e0039759_23494592.jpg

e0039759_2350532.jpg

青森のリンゴの木のうろには結構たくさん巣をつくっているようだ。
e0039759_23502657.jpg

e0039759_23523764.jpg

e0039759_23530100.jpg

繁殖期以外の大群はすごいものだね。フン害にあったりして。
草むらをくちばしで開いて虫やミミズを探している。疲れそう。
ここに、ムクドリの採餌の動画をのせておきます。

by snowmelt | 2008-03-20 23:48 | 鳥類 | Comments(0)


<< ウミアイサの顔だけ      ヨコエビの一種とプラナリアの一... >>