北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 08日

虹の掲示板

虹の掲示板があるとおしえていただきました。
こんなのを貼ってきました。
e0039759_0164637.jpg

ウマスギゴケとsuitekiです。
虹そのものをねらったのではないのですが、今度はこんな場面に出会ったら、ひかりを捉えようと思います。
こんなのを貼ろうかとも考えたのですが、見づらいと思いやめました。
e0039759_0195241.jpg

e0039759_020863.jpg

これは山の崖からのものが光っているようで、油ではないようだし不思議なものでした。近くは温泉が出るような土地で地熱発電の予備調査などがあったようです。でもこの崖のあたりは人のはいった形跡はありませんでした。

by snowmelt | 2007-12-08 00:24 | Comments(4)
Commented by 森のどんぐり屋 at 2007-12-08 10:07 x
一枚目の水滴、素晴らしいですね!
芽のさめるようなのではなく、こういう淡い色あいも、私は好きです。

二枚目、三枚目の」油膜のような光物、以前に掲示板で見たことがあります。
そのときは沼のようなものの水面でしたが。
三枚目がきれいですね~
Commented by をかしぃ1 at 2007-12-09 21:48 x
はじめまして。虹色通信掲示板の画像を見てお邪魔しました。
ウマスギゴケの水滴、アウトフォーカスの虹玉のアクセントで印象派絵画のようです。
落ち葉の間に広がる油膜のような虹色の存在ですが、私もたびたび撮影しています。共通要素として落ち葉や腐葉土の存在する湿地・止水域があげられるように思いますが、有機物の腐敗つまり微生物の関与が濃厚だと思っています。
昨年池一杯に広がった虹色を見たのですが、原因はこれら微生物が水面で拡散増殖した結果、池の表面に薄膜状に分布、薄膜干渉によって虹色を出現させたものと考えています。油膜のように液状に拡散せず、布きれをはがすように千切れてしまうものと思います。温泉の地熱が微生物増殖に都合よかったのかも知れません。
Commented by snowmelt at 2007-12-09 22:24
をかしい1さん、ありがとうございます。「薄膜干渉」というのですか。アブなどのハネがにじいろに映るのを干渉色というのも似たものなのでしょうか。「布きれをはがすように」という経験はありますあります。こういうようなのが微生物の結果というのはおもしろいですね。ありがとうございました。
Commented by hairotgx at 2013-05-09 06:59 x

<a href="http://lovemyhair.ru/prichiny-vozniknoveniya-perxoti/#c36z">Причины возникновения перхоти</a>


<< 白虹というらしい      ひっくりかえったカニムシは F... >>