2007年 09月 16日

アシナガバエの一種がトビムシを食う 動画

今日のこのハエはちと大きめのトビムシを捕らえて食べている。
e0039759_0184343.jpg

トビムシは生態系の中では、一応分解者に位置するように教科書に書かれている。

以前、養老孟司の本にたしか
解剖図と実物が異なる事を「この実物は間違っている」というような学生がでてきていると書いてあったと思う。
県教委だって教師だって教科書に書いてあるから、文字にしるされているから正しく、そうでないから間違いだと判断する人達が多いのにあきれてしまう。
高校入試にさえ県で採用している中学教科書に書いてあることを正解とし、プロがやっている方法は不正解にするということをやっている。

教科書に書いてないから、このハエとトビムシの関係だって、「分解者を食べる消費者はいない」と言いだす人がきっといるだろうな。実物を見てもね。



by snowmelt | 2007-09-16 00:18 | 昆虫 | Comments(0)


<< ハエの一種      カサキビ >>