2007年 09月 03日

アリヅカコオロギ

アリの生活をみようとしている訳ではないが、アリもまた深すぎるのだろーな。
見ようとすれば、一生がいくらあっても足りないくらい。

別なものを探していたら、アリヅカコオロギが出てきた。
ピンピン跳ぶので、ポリ袋にいれて撮影。

アリヅカコオロギってのも、少しホームページで見ただけですが、面白いね。
e0039759_22115598.jpg

e0039759_22121337.jpg

e0039759_22134039.jpg

e0039759_22135796.jpg


アリから蜜をかすめとるとあったが、自然状態で見れるものかね。
人工アリの巣でないと観察できないかね。

by snowmelt | 2007-09-03 22:16 | 昆虫 | Comments(3)
Commented by Celastrina at 2007-09-04 21:45 x
アリヅカコオロギ、大好きです。昔ゴマシジミ調査でシワクシケアリの巣を調べていたらみつかりましたが、あれ以来みていません。こんなに鮮明な画像を見せられると、また探さねばという気にさせられます。
ところで「別なもの」とは何でしょう。アリノスアブでしょうか?????
Commented by snowmelt at 2007-09-04 22:57
Celastrinaさん、こんばんは。いやいや、木の幹に着いていないかとカニムシを探しているのです。アリノスアブはみたことがありません。昆虫の世界はすごいですよね。ついでながら、この9月7日にG市で奥本氏の講演がありますがご存知でしょうか。
Commented by Celastrina at 2007-09-05 22:56 x
えっ、知りませんでした。
ネットで検索しても出てきませんが・・・・・・・奥本さんが来るのなら岩木山のゴマシジミを見せたいなぁ・・・・


<< 月食とコオロギの声      アブラムシはアリの大切な財産 >>