北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 07月 03日

ハネカクシの一種 擬態だろう

木の葉に鳥のフンがついて流れ去ったような跡がある。
そこにいたハネカクシの一種の姿は、
フンのしみに擬態して、獲物をまちかまえる体勢とみえた。
前肢の白い房はゴミっぽくつくられている。
e0039759_2201712.jpg

e0039759_2203896.jpg

e0039759_2211742.jpg

e0039759_2213626.jpg

不用意にも葉っぱを揺らしたため、
ぽたりとおちて逃げてしまい、獲物を捕らえるところは見られなかった。
いなくなったその葉のちかくにハエがやってきた。こいつをねらっていたのかな。

by snowmelt | 2007-07-03 22:05 | 昆虫 | Comments(0)


<< ガのケンカディスプレイ 動画      ヒメシジミ >>