2007年 06月 27日

ニジマス FLV動画

ニジマスが日本に定着して何年経つのだろう。
自然繁殖している場所は結構増えたのではないか。
ブラックバスと生態的地位は同等だろうが。
摩周湖のニジマスのエサとして移入したウチダザリガニが
北海道にひろく分布して在来種を圧迫してきたというし。

人間の考えはいろいろだから、かってだから、こんなものだろう。
どこかの幼稚園児か小学生に、自然保護の精神を教えるために、ヤマメの稚魚の放流を教えているとさ。
以前にはここにはいないアマゴを放流したとさ。ホタルを放流したり、メダカを放流したり、どこか間違っているんじゃないかと思うね。

このニジマスは自然状態のものです。ただし、誰かが最近放流したのか、大正時代に放流したものの子孫なのか。大正時代のものなら原種アメリカニジマスというものらしいので、いまでは貴重な血統なのですが、最近、自己中心的な人が放流して血が薄まってしまったとの見方もあり、いいんだか悪いんだか。
e0039759_0463893.jpg

e0039759_0465644.jpg

ここに、ニジマスの動画をのせておきます。


by snowmelt | 2007-06-27 00:47 | 淡水魚類 | Comments(4)
Commented by いな at 2007-06-29 15:15 x
まったく同感です!






Commented by snowmelt at 2007-06-29 22:04
共感してくれる人がいてうれしいです。でも、世の中ではマイナーな考えなのでしょうね。
Commented by yamamen at 2007-07-03 15:35 x
初めまして。
確かにマイナーな考えかもしれません。
でも、必要な考えであります。
Commented by snowmelt at 2007-07-03 20:47
yamamenさん、はじめまして。なかなか難しいところと思います。


<< アリグモ      ヤマメの陸封型 その2 動画 >>