北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 05月 27日

エゾハルゼミの羽化

エゾハルゼミはミョーキン!、ミョーキン!ケケケ・・・・となく。

妙見神社というのがあって、どうも、その名前と結びつく。
みょーうけん!みょーうけん!みみみみみみーとなくのがエゾハルゼミと、
白神山地の西方面で、三十数年前にかとうむつお先生に教えてもらったことがある。
その時初めてこういう樹皮にキセルガイという陸産貝が居るんだとつかまえて見せてくれた。
e0039759_0212595.jpg

e0039759_022944.jpg

e0039759_0223339.jpg

e0039759_0224731.jpg

e0039759_023059.jpg

e0039759_0231433.jpg

e0039759_0232999.jpg

e0039759_0234625.jpg

堅い土中生活用の殻から出た大きさはすごく体積が大きい。
水ならこの殻の中に入らないだろうし、
空気を体中にとりこんでチューブを膨らませるように大きくなるのだろうか。
昆虫の羽化のしくみはどんなのか、どこかに書いてあるだろう、探してみよう。
なになに、「血液を送り込むことによって翅をのばすと書いてある」が、
翅はいいが、組織にそうとう間隙がないとこうはならないだろうと思うが、空気で膨らむ部分が相当あるのではないかな、わからん。

by snowmelt | 2007-05-27 14:21 | 昆虫 | Comments(2)
Commented by いな at 2007-06-13 10:54 x
はじめまして。いろいろ検索していたら、ココへきました。
セミの羽化って、すごいですね!きれいですね!感動しました!
Commented by snowmelt at 2007-06-14 20:01
いなさんこんばんは。いま、エキサイトブログは不調そのもの。メンテナンスが終わったら今まで以上にひどくなってしまいました。時間がかかる。表示されない。困り果てます。
夜にブナの森で、エゾハルゼミの羽化まもないものがどこにもそこにも点々点々と若葉にぶら下がっているを見たことがあります。
懐中電灯の灯りで見えたのですが、きれいでしたよ。


<< ヨコバイのなかまの行動 FLV...      カエル 卵の蹴り出し動画 >>