北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 04月 07日

カワゲラが地衣類の裸子器あたりを食うの図

積雪の上をちらほらとセッケイカワゲラが歩く頃、
木の樹皮につく地衣類の皿状の裸子器のあたりをしきりに食べているとしかみえないカワゲラ達がいた。
子器のところには胞子のうができるので、この胞子のうを食べているのではないかと考えているがどうだろうか。
クロカワゲラの仲間か、ホソカワゲラの仲間かわからない。
黒つぶれに写っているのでコントラストを調整して色をうすくした。
e0039759_23413759.jpg

e0039759_23415796.jpg

e0039759_23421572.jpg

e0039759_23423788.jpg

e0039759_2342573.jpg

e0039759_23432094.jpg

雪の上1.2メートルくらいの高さにいた。

by snowmelt | 2007-04-07 23:45 | 昆虫 | Comments(0)


<< いじけたミズバショウ      カモシカのフンとそれにつく虫 >>