2007年 03月 07日

アナグマの足跡

アナグマの足跡は爪跡がのこったり、のこらなかつたり。
e0039759_23121759.jpg

e0039759_23124280.jpg

e0039759_2312582.jpg


ずっと以前、10月に下北半島のある川の中に入り、水メガネで川底をのぞいていたら、何かが流れてくる。
ギョッとしたよ。みれば獣の掌だ。うわっちっちゃいクマの手かー。

と、もうひとつ流れてくる。ふたつともすくい上げた。
なんと、手首のところで切断されたアナグマの手が流れてきたのだ。
こちらの言葉でどってんしたじゃー(びっくりしたよ)
なんで、アナグマの手が流れてくるんかいよー。

これは料理したのではないだろうか。
近くにはマタギの人達が(いる)いた集落がありました。
狢汁でも食べたのでしょうか。それにしてもびっくりじゃった。

by snowmelt | 2007-03-07 23:27 | 動物 | Comments(7)
Commented by 森のどんぐり屋 at 2007-03-08 14:06 x
そりゃ「どってん」しますねえ。 想像も出来ないですもの・・・
手のひらは硬くて食べられないのですね?
本体はおいしいのでしょうか???
Commented by snowmelt at 2007-03-08 22:35
青森ではアナグマをマミといいます。いちおう方言でしょう。青森でもマミコとコをつけるところもあるかも知れません。他の地方でもマミと呼んでいるようです。真味でおいしいとは書いてありますね。本当のタヌキのタヌキ汁はくさくておいしくないが、マミをつかったたぬき汁がほんとうのタヌキ汁でおいしいとか書いてあります。こんど、マタギに聞いてみようと思います。本当のマタギはいなくなっちゃいそうです。
Commented by 森のどんぐり屋 at 2007-03-15 16:56 x
もしも召し上がるチャンスがあったら、感想をゼヒ!
お話聞けるのも今のうちなのでしょうか?
お仕事として成り立たないのかもしれないですが、文化の一つとして残って欲しいです。
Commented by snowmelt at 2007-03-15 22:01
ひとかたは別な職業についていますが、もうひとかたはやや歳をめしている方で別な職業があるのかないのか。かなり前に雪の中でノウサギのワナの見回りをしてらっしゃるときに会いました。若い方といってもほぼ60歳かな、この方から私にとってはおもしろい話をききましたよ。アルミ弁当箱に獣の血をいれて薪ストーブの側で乾燥させたもの、サラサラの乾燥血液をみせてくれたりしてね。
Commented by 森のどんぐり屋 at 2007-03-19 16:28 x
へ~~~??? それって何に使うのですか?
いつか輸血用に使うということは、まさかないでしょうし・・・
もしかして、遭難した時にお酒に入れて飲むと、体が温まって命が助かるとか?
興味深々ですねえ。でも、企業秘密かもしれないですね。
Commented by snowmelt at 2007-03-19 22:29
そうでしょうね。薬です。男には飲ませない・・・らしい。
Commented by 森のどんぐり屋 at 2007-03-24 10:20 x
判りました!!!  でも、マジメに考えると、結局元気が出るってことですから、貴重なお薬ですよね。
珍しいお話、ありがとうございました。


<< キタガミトビケラ 再々 強酸性...      木漏れ日擬態 (造語) >>