2006年 12月 03日

アオイガイ(カイダコ)など

北の海に暖海系の生き物が漂着する。
アオイガイは対馬海流に乗って津軽海峡を通る間に下北半島の海岸に漂着するらしい。
ここは津軽海峡だ。
e0039759_13442141.jpg

これらのクラゲもおなじルートをたどったか。
e0039759_13453350.jpg

e0039759_13455931.jpg

e0039759_13461891.jpg

e0039759_21464358.jpg


アオイガイを三対うまく配置すると葵の御紋の形になる。
e0039759_1356878.jpg

中にはタコが入っている。いや、このアオイガイというタコが自分でつくった殻だ。
e0039759_13564330.jpg

漂着したときにタコが入っていれば極めてラッキーだが、
空が白む頃には、カラスや鴎に食われてしまう。だから、私が行く頃にはいつも殻しかない。
夜に探しに行ったこともあったけどだめだった。
しかし小さな卵塊がついている。
逆さに置いてみる。
e0039759_135733100.jpg

これは、風間浦村の人に聞いた話だが、岩にぶつかって殻が壊れると、タコは口からなにやら吹き出して壊れたところを修理するという。すごいねー。

by snowmelt | 2006-12-03 14:00 | 動物 | Comments(0)


<< カモシカ 動画      コクガン 2 動画 >>