北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 10日

カンムリカイツブリの親と子

カンムリカイツブリのヒナはゼブラ模様だ。
足の蹴りがまだうまくないのか泳ぎにスムーズさがない。
首を縮めていれば丸いクッションが浮いているように見える。
e0039759_23371469.jpg

これもヒナが1羽きり。
バンなどは一夏に二腹ぐらいの子供を育てるが
オオバンやカンムリカイツブリはどうなのだろう。
ここにカンムリカイツブリの親子のビデスコ動画
ここにカンムリカイツブリの親子のビデスコ動画(FLVなので簡単に見られると思います)をのせておきます。
2006.8.9.青森県で撮影

by snowmelt | 2006-08-10 23:40 | 鳥類 | Comments(1)
Commented by KX2_Birder at 2006-08-11 10:23
ちょっと見ない間に鳥画像がいっぱい!!
夏の鳥枯れの時期は、アカショウビンで乗り切りました!(笑
北国は、南日本に比べて、繁殖する鳥たちも面白いので
ポイントさえわかれば楽しい家族の風景も撮れますよね!

これからは、シギチの渡りで忙しくなりそうです。
休耕田、海岸とひとまわりするだけでも結構時間がかかります。
でも、いつ、どこにどんなシギチが入っているかわからないので
楽しさも倍増です!!

神奈川県にコシジロウズラシギという日本初確認のシギも
出てるそうですよ!


<< ミズコハクガイ 2      アオサギはじっとしている動画 >>