北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 02月 26日

カワアイサ

カワアイサの嘴はかなり細く先は鋭く曲がっている。
魚食なのだろうがここでは何をたべているのだろう。サケの卵だろうか。
e0039759_21532876.jpg

e0039759_21534633.jpg

e0039759_2154438.jpg

冬に沢にのぼるウグイをこの辺りでは冬至ジャッコと呼ぶ。
大正末、宇曽利湖から魚を追って沢をのぼってくる水鳥を
小屋の中から鉄砲で撃って、
その羽毛を布団の材料として使ったとTおばあさんから聞いたことがある。
私が想像する水鳥のひとつはこのカワアイサ。
もひとつはウミアイサ。
その布団はどこやったかわからないとTおばあさんは云っていた。

by snowmelt | 2006-02-26 22:06 | 鳥類 | Comments(0)


<< オオセッカ      コクガン >>