2006年 01月 29日

雪の上の足跡 アニマルトラッキング

以前、ノウサギの足跡をだしたが、後ろ足前足の良くわかる足跡が残っていた。
e0039759_2029397.jpg

雪と風の関係で圧された凹型でなく、盛り上がった凸型で足跡がよく残る。
e0039759_20333077.jpg

交叉しているのはキツネのものと思われる。イヌはここら辺はいないだろうから。
タヌキと思われるやつもある。
e0039759_20344377.jpg

ヤマドリの足跡はあたらしい。
e0039759_20422950.jpg

どの動物の後をどれが通ったかは場所によってはわかるが時間はとなると全くわからない。

by snowmelt | 2006-01-29 20:47 | 動物 | Comments(0)


<< クモガタガガンボ ユキガガンボの交尾      オドリバエの一種が運んできたもの >>