北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 06日

三村伸吾・青森県・大丈夫か・危機管理能が本当にあるのか

中国共産党は「沖縄は中国の領土である」と公言している。太平洋進出をじわじわゆっくりとねらっている。

中国艦船は対馬海峡を通って千島へ抜ける航路を模索している。

この前は津軽海峡を軍艦が航行する。

空自のスクランブルが1000回を越えその7-8割が尖閣上空へのスクランブルである。

さらに北朝鮮はいつ戦争が勃発するかわからない情勢である。

それなのに、青森県三村知事はなぜ中国からのスパイや北朝鮮からのテロ工作員を見分けることも困難なツーリストを招き入れかねないチャーター便・定期便をさもいいことのように勧めるのか。

中国人客にどこかの工作員が天然痘ウィルスを感染させ、保菌のまま青森日本に旅行させ、天然痘テロを工作した場合、青森県、日本で対処出来るのか。

生物兵器は充分あり得るのではないか。VXガスより格段にこわい。

今の情勢の中で、日本は絶対安全だという保証があると三村知事は説明できるのか。

危機管理は出来ているのか。

e0039759_2127488.jpg
これが4月4日の新聞で、

次は4月6日の新聞である。
e0039759_21303120.jpg

e0039759_21305129.jpg


これは少し前
e0039759_23571175.jpg


関連記事
この情勢で中国からの青森ー中国・天津線定期便などとはきわめてノー天気だと思わないか。

by snowmelt | 2017-04-06 21:34 | Comments(0)


<< カモメの飛行      カモメ 黄色い足のただのカモメの群れ >>