2017年 03月 19日

ケブカハマバエ みっけ

日本海岸側では島根、石川、新潟などでケブカハマバエ (キンパツナギサバエ?) が採られているが、太平洋岸側は記録がないという。

それを太平洋岸側の青森県東通村で、昨日、今日と採りました。

e0039759_2046071.jpg
e0039759_20461468.jpg
e0039759_20462689.jpg


なかなかいいキンパツでしょう。
2017.03.19 東通村
三枝豊平先生の「一寸のハエにも・・・」のコメントを載せましょう
>おーやぎさん、とうとう太平洋岸で発見されましたね。今度は間違いなくケブカハマバエです。しかも大型で金髪が目立つ個体ですね。おそらく日本海側のと同種と思いますが、北米のH. mirabilisと新潟のものでも、交尾器などの差異はかなり微妙ですので、日本海側と太平洋側の個体についての形態的に見た種の識別は困難であろうかと思います。標本をお送りいただけるとのこと幸甚です。Mathisさんが、Helcomyzidaeが太平洋のアジア側(広い意味でして、日本海側も含まれます)に分布していないと書いていましたが、今回の発見で日本本土に限らず千島列島や琉球列島、更に大陸の沿岸などで発見されることが期待されます。

2017.03.20追記
今日撮った写真です。
e0039759_23233049.jpg
e0039759_2323465.jpg
e0039759_23235824.jpg
e0039759_23241179.jpg
e0039759_23243326.jpg
e0039759_23244530.jpg

昨日より毛深いか。
2017.03.22に撮ったもの追加
e0039759_16423861.jpg
e0039759_16425328.jpg
e0039759_16431080.jpg
e0039759_16432585.jpg
e0039759_16433977.jpg

さらに毛深くなってませんか。でも全部がそのように毛深くなっていくようではありませんが。

by snowmelt | 2017-03-19 20:48 | 昆虫 | Comments(0)


<< UFOの幻解 お知らせ      海獣初登場、ただし二死体 >>