北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 01月 22日

中国を東奥日報はどうみているのだろう

東奥日報は1月10日対馬沖に中国軍8機が飛行と第2面下にのせている。
e0039759_1751460.jpg

1月7日、中国海軍艦3隻が津軽海峡を通過と第24面下に載せている。
e0039759_16511315.jpg

トランプ政権がどういう出方をするか見ようとしているなどとの見解があるが、小笠原の赤サンゴをただただ盗られるのを見過ごしたように、中国の海洋進出というより、侵略の策略にされるままに許すわけはいかないだろう。

尖閣諸島で、中国軍は日本が手を出すことを臨んでおり、ちょっかいをだし、日本が正統な手を出しても領土問題があるのだと言うでっち上げをもくろんで、日本を巻き込もうとしている。
トランプ大統領はひとつの中国ということにはとらわれない付き合いを台湾としていくことはいいこと。
我々の地図帳だって台湾は中華民国と書いてあり、中国大陸には中華人民共和国と書いてあったし、もともと台湾は台湾で、中華人民共和国・中国共産党一党独裁国家とはちがうもの。

尖閣に中国がどうでてくるか、中国の狡さは世界一だろうからたいへんだ。
それなのに東奥日報1月10日の社説には中国定期チャーター便運航予定が良いことだと書いてあり
e0039759_1704549.jpg

なんの問題点もないように報じている。
さらにおもしろいこと、あの捏造報道朝日新聞社と東奥日報社は次の広告をだしている。
e0039759_1652366.jpg

おなじ穴のムジナなのでしょう。

by snowmelt | 2017-01-22 16:33 | Comments(0)


<< ゼニゴケ・銭苔はなぜそういうか      ウソ記事の出所はどこだろう >>