2015年 02月 19日

エゾホトケどじょうの幼魚12ミリのヒレ膜

エゾホトケ(ドジョウ)Lefua Nikkonis の幼魚ではじめて気がついたことがありました。

背鰭の前方にヒレ膜状のものは目についていましたが

なんと、腹鰭のところにも12mmの個体にはヒレ膜状のものがあったのでした。

12.5mmや13mmの個体にはそれが見えません。

e0039759_20284173.jpg


1.0mmの個体には卵黄嚢状のものが見えますが

それが皮膜だけたるんで残り膜状に見えるのかもしれません。

腹鰭は後にできるのですね。

by snowmelt | 2015-02-19 20:29 | 淡水魚類 | Comments(0)


<< キジメス      エゾホトケ(ドジョウ)Lefu... >>