2014年 05月 13日

ウスグロヤリバエでしょうか -クモスケヤリバエLonchoptera stackelbergi でした。

渓流中にある乾いた大きな石の上に結構いろんな虫がいる。

水際の濡れているところを舐めまわっているもの、メスだと思うがじっとしている廻りを走り回り走り回りそれのところに来ると交尾なのかじゃれ合い、ほかのも来てじゃれ合いまた、動かない一匹をのこして、走り回り走り回るものたち。ちっちゃいちっちゃい虫たち。

新品のゴム長なのに、知らずに水が入ったか湿っている。

ウスグロヤリバエではないかと思われるのをライトストロボなしで撮ってみた。ざらついている


「一寸のハエにも五分の大和魂・改」サイトで三枝豊平先生から

『クモスケヤリバエ Lonchoptera stackelbergi 』ですと教えていただきました。


最初にオス
e0039759_232140.jpg

次にメスと思われるもの
e0039759_2324682.jpg


「一寸のハエにも五分の大和魂・改」サイトに質問中です。

ストロボを使って撮したものをのせます。
e0039759_22443279.jpg

e0039759_22455100.jpg

交尾器です
e0039759_22542125.jpg


by snowmelt | 2014-05-13 23:03 | 昆虫 | Comments(0)


<< ヤマアカガエルの顔      本州のキタホウネンエビの交尾 >>