2014年 04月 26日

なんじゃこれは!!!のつづき・スジカミナリハムシみたいです。

2014.4.24の昼下がりの陽気の中、なんじゃこれはたちは木の上へ、枝の先へと移動し

飛び立っていくのです。

飛び立つのもすんなりといくのではなくて、交尾しているのもかなり見えますので、

おそらく精子をもらったメスたちが先に飛んで行くのだと思います。

しかし、それは想像でしかありません。結局はオスもメスも飛んで行くから、

その木の先の群れ匹数は徐々に少なくなって行くのでしょう。

後脚はピョンと跳ねるのに適していますから、跳ねてから飛んでいるのはみえます。

テントウムシのようにおもむろに羽をふるわせて離陸という飛び方は見えませんでした。

動画をのせます。




e0039759_22593325.jpg


追記2014.4.28 吉田かおるさんから、スジカミナリハムシではないかとの助言をいただきました。
九州のスジカミナリハムシの写真をみたらば、何となく違う。
ところがキキリ・キキリ・キキリさんのブログ

にはなんと同じような光景がのっていました。
さらにスジがあるからその名をつけたようです。
本州以南はスジがないといわれているようですが、青森でもスジ有りですよとコメントを書いて置きました。

和名ですが、スジカミナリトビハムシと書いてあるのがありました
ピョンと跳ぶのでこちらのほうがわたしはお気に入りです。

「Altica letericosta letericosta スジカミナリトビハムシ 北海道
Altica letericosta subcostata (スジカミナリトビハムシ) 本州,四国,九州 」

というのがありました。

by snowmelt | 2014-04-26 22:55 | 昆虫 | Comments(0)


<< リュウキンカとエゾノリュウキン...      ヒメフンバエの食事 >>