2005年 12月 03日

ヤマドリ

ヤマドリは夏過ぎてから子供を連れて林道をよく横切る。
雪がつもれば、沢づたいに足跡がつづく。
突然ドドッと羽音を轟かせて飛び出す。
この音にはいつも驚かされる。
以前の写真だが、これは林道に出てきたやつ。
e0039759_1546442.jpg

e0039759_15471536.jpg

e0039759_1547362.jpg

山鳥の尾のしだり尾の・・は垂れ下がる尾なのだから、これはどうか。垂れ下がる感じはない。
辞典には1メートルにもなるとある。それくらいになれば垂れ下がる感じだ。
まだ、若いのだろう。
ヤマドリの尾羽が落ちていた。
e0039759_16231125.jpg

63センチメートルだ。
e0039759_16235710.jpg


by snowmelt | 2005-12-03 16:27 | 鳥類 | Comments(0)


<< ハコネサンショウウオ 幼生 下北半島      ヤマセミ 下北半島にて >>