2005年 11月 27日

ツチハンミョウの一種の幼虫??

畑村洋太郎著「わかる」技術で、わかるということとは、人はテンプレートを持っていて、そのテンプレートと「要素の一致」「構造の一致」「新たなテンプレートの構築」があったときわかったということになると云っている。くわしくは本(735円)を読めばいいのでしょうが、「要素、構造の一致」とは自分の持っている(確かなわかっている)テンプレートに要素が一致するか、構造が一致するかがわかるということだと云っているのです。
 今回私の場合は「これはなんだろう、わからない」という虫を写真に撮しただけの「わからんプレート」を13年間そのままにしていたのです。
が、ハンマーさん(私のブログ2005.11.23記)のヒメツチハンミョウの幼虫の写真を見て、
13年前に撮ったのはこいつではないか、あのときは「アザミウマくらいの大きさだな、顔つきはカワゲラか、尾みたいなのも二本あるし、、、、」などとしかテンプレートの持ち合わせがなかったものが一瞬によみがえったのです。
あれではないかと、そのときのフィルムを探して見たらなんと、幼虫のコマのすぐ後にツチハンミョウの写真も撮っている。
この時は親子関係などとはちっとも考えられない。
(腹がでかいし卵はこれから産むのだろうとは思ったし)
13年間わからなかったことが「わかった」のです。たのしいよ。ずっと考えていた訳ではないけどね。
(以前、13年後に動物の足跡の正体がわかったときもたのしかったけど)
ひとつ私自身にテンプレートが追加されたかな。
e0039759_11215436.jpg

ニリンソウの種子を集めにきたアリとツチハンミョウの一種?の幼虫(1992.6.1恐山)
e0039759_11241015.jpg

すぐ近くには成虫がいた。親かどうかはわかりようがない。
e0039759_112529100.jpg

来年はもっとよく見てみよう。

by snowmelt | 2005-11-27 11:31 | 昆虫 | Comments(0)


<< カニムシがトビムシを獲る      ヨコエビ目 ハマトビムシ科の一種 >>