北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 11日

ヤスマツトビナナフシでした

ヤスマツトビナナフシの幼虫として以前に出した記事の幼虫はいまどうなっているかというと、

こんな状態になってしまいました。

e0039759_22244368.jpg

2012年10月07日撮影。
触角はとれ、足も取れの状態です。7月6日、上北郡の最北、鶏沢(にわとりざわ)で採集

じつは、7月23日にも二匹見つけそのうちの一匹も飼育していたのですが、
現場での写真2012年7月23日撮影
e0039759_22301678.jpg

これは、飼育の袋からはみ出て10月07日には死んでいました。
e0039759_22321544.jpg

前胸にはEのような模様はなく、
e0039759_2233348.jpg

前翅側面の黒点は白色部よりも小さく
e0039759_22372777.jpg

第7腹部腹板後縁(尾蓋片前器)にY字状の突起もなく
e0039759_2241892.jpg

よってシラキトビナナフシではなくヤスマツトビナナフシであると言うことがわかりました。

生きている一番上の写真の個体も同じ特徴ですのでヤスマツトビナナフシです。
すこし残念。

by snowmelt | 2012-10-11 22:45 | 昆虫 | Comments(0)


<< カナヘビ こども      ヒメアカタテハ >>