2012年 08月 16日

息絶えたサナギ

キノコから半身を乗り出して羽化しようとしているとカメラをかまえて待ったけれど動かない。

いくら待っても動かない。

どうも生きてはいないようだと、キノコごと持ち帰り、撮そうとしたら、ポキリと折れた。

中に鱗粉が見えたので蛾だろうと分解してみました。

ラード状がべとっとあった。オスのようにみえます。

羽化の時期はいつなのか、傷み具合では冬を越したとは思えません。

何でしょう。

e0039759_11534927.jpg
e0039759_11542526.jpg

右が頭部です
e0039759_11543114.jpg
e0039759_11551872.jpg
e0039759_1155223.jpg

e0039759_1156729.jpg
e0039759_11561843.jpg

次の二枚は左が頭部と頭部のとんがりです。
e0039759_1157117.jpg
e0039759_11571122.jpg


これは俄然おもしろくなってくるのか?
現場の写真をみたら←のところに抜け殻らしいのがありました。
e0039759_20574812.jpg

そこを拡大しますと
e0039759_15305262.jpg


by snowmelt | 2012-08-16 12:00 | 昆虫 | Comments(0)


<< またわからない今度はサナギのぬけがら      シギアブだろうが >>