北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 19日

オオミドリシジミとヒメシジミ(チョウ)

またわからないシジミチョウ。二匹目はヒメシジミでしょうか。図鑑では斑点が6個のところが5個しかないのですが。
e0039759_2310232.jpg
e0039759_23101710.jpg


二匹目
e0039759_23133151.jpg


Celastrinaさんから教えて頂きました。オオミドリシジミとヒメシジミでした。
フィールドガイド 日本のチョウ(誠文堂新光社)p122の分布図ではオオミドリは青森には分布していないように図示してありますし、別な図鑑では青森にも北海道にも分布しているように書いてありよくわからないものでした。後翅裏の赤斑の形状が上下が完全に分断しているのはオオと(ハヤシ)※ハヤシは連続的に変異する。と書いています。尾状突起は細く長いのがオオでやや長いのがハヤシということらしいですね。

by snowmelt | 2012-07-19 23:13 | 昆虫 | Comments(2)
Commented by Celastrina at 2012-07-21 23:56 x
オオミドリシジミとヒメシジミです。
そろちろキタスカシバの季節になりますよ。
ヤマナラシやポプラの根際をさがしてみて下さい。
Commented by snowmelt at 2012-07-22 21:46
Celastrinaさんありがとうございます。スカシバガは皆目めざすポイントがわかりませんが、気をつけて見てみます。


<< アナグマはイタチのなかま 動画      クマがいました。動画 >>