北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 07日

ヒグマの足跡

三毛別羆事件(苫前羆事件)は吉村昭の「羆嵐」でも、その他の記事からでも伝え聞いていた。

苫前町のスタンドで給油していて、

三毛別羆事件のことを訪ねたら

いとも簡単に三毛別への道順をすらすらと教えてくれる、

郷土資料館に行くとありますよ、その信号を左に行って突き当たりの左ですよと教えてくれる。

大正4年、藁葺きの家を複数回襲って7人(8人)の人を殺す羆がいたことだが、

なんと怖ろしいことか。

前日に、この苫前町の結構近所の山で羆の足跡をみた。

このときは苫前はもっと遠いところと思っていたこともあって、

さらに昔々の開拓時代のことということもあって、さらに乾き具合から数日以前の足跡だろうという

推定から、そばの川原でおにぎりを食べたのだけれど、

今考えるとこわいものだ。

e0039759_0205776.jpg

e0039759_0214494.jpg

e0039759_0221362.jpg


「鈴を鳴らすことはかえって人の居場所を羆に知らせることになり危険だ」などと書いてあるからだ。
ただし、人を食べたことのある悪い羆にはということだそうだが。
山にいってみて、そこに人を食べたことのある羆がいるかどうかなどわからんしな。

後ろ足の方がべたっとかかとまで足跡がついている。かかとまでつけて歩く獣は熊くらいだという。

前足の方があたまの分、体重がかかると思っていたが足跡はべたっとはつかない。

by snowmelt | 2011-06-07 00:31 | 動物 | Comments(4)
Commented by てっちゃん at 2011-06-07 01:28 x
三毛別にも、行かれたのですか?

結構大きなヒグマの足跡ですね。

昔は、土葬された人の死体を、ヒグマが掘り起こして、食べていたから、あの事件は起きたのでしょうね?

今は、ちゃんと火葬にしていますし、人を襲う事件が起きても、ほとんどは射殺されていますから、人を食べた事があるヒグマは、ほとんど居ないと思って良いと思いますよ?
Commented by snowmelt at 2011-06-07 23:49
大正4年とは、おばあさんが生まれた年あたりの事件でしょうね。

ということは、曾おばあさんがお母さんだったころで、事件は伝わっていたでしょうかね。伝わっていたら怖かったでしょうね。

丘珠事件は撃ちそこねて穴もたずにしてしまった人災でしょう。
三毛別の羆はその前にアイヌ女性を食べたとか、その時点で仕留めなければならなかったのでしょう。

北海太郎とかのでかい剥製がありましたが阿寒湖畔で飼っていたのも超でかい羆でした。こっちのツキノワグマと比べれば、かなりびびります。
Commented by てっちゃん at 2011-06-08 01:19 x
そうですね、祖母は戸籍は、大正5年産まれとなっていますが、昔は1年ぐらい出生届をするのが、遅れる事があったようなので?正確には?大正4年産まれだと思われます?

伝わっていたかどうかは、ちょっと分からないです・・・でも、北海道に移住してきたのは、6歳の時でしたから、大正11年ですから、たぶん伝わっていたのかも知れませんね?


Commented by ants at 2011-07-01 22:38 x
おばんです。今日は発見ヒグマの足跡はじめて見ました!(◎_◎;)
かなり大きいですね。ここいらではツキノワグマしか会わないので想像できないです、かなり危険なんですね。
我が家になぜかツキノワグマの髑髏がありますが大きなイヌ位です、ヒグマなら相当でしょうね。
山菜採りやきのこ採りで気をつけていたのはクマよりカモシカの方でした。


<< チャタテムシの群れの移動 動画      キバシリ (キタキバシリ)が育雛中 >>