2011年 05月 05日

宇曽利湖のウグイ 遡上開始 YouTube動画

五月のウグイは大きい。

と思っていたら、

大きいものの下手には、なんと、体長15センチくらいの小さいやつだが、

何百匹とあつまり、真っ黒にひしめきあっていた。

こんなことはなかったので、今年はすこしちがうかね。よくなる兆しならいいが。

でも、毎年、全然あとが続かないからな。今だけかな。



下はYouTubeに書いたコメントなどです。

青森県には八甲田山という山はありません。

恐山、おそれざん、おそれやまという山はありません。宇曽利山という山もありません。アイヌ語

でオソル、オソレは尻餅形。その窪地のある山(の方)をオソル、オソレやまという。そこに水がた

まって湖ができた。湖の北部には入り江地形があり、それをウソリ(入り江)と呼んだ。寺のある場

所はウソリに近いところなので地番は宇曾利山とは呼びます。その他のところは湖から一番よく見え

る大尽山(おおづくしやま)国有林とよびます。恐山という山はないのです。湖は酸性pH3.6ですが

ウグイがすんでいます。

ウグイはかなりの酸性のところにもいますが、卵は酸性では中身が溶けるようになくなります。

そこを、知っているのか、本能なのでしょうが、

ウグイたちは中性の沢へと遡上して産卵するのです。

自分の生まれた中性で酸素の多い沢へと戻るのでしょう。

by snowmelt | 2011-05-05 22:51 | 淡水魚類 | Comments(0)


<< キジ 雉が鳴くYouTube動画      カタクリの花 YouTube動画 >>