北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 16日

ハエのデザイン

NHKのプロフェッショナルで、ブロードウェーミュージカルのスパイダーマンのデザイナー
石岡瑛子(71)という人の流儀をみました。

尻のハサミをとってしまえば意味がない、つけてくれるまでねばる信念の強さ。
8本足のフィリーだか7体のコスチュームづくりに賭ける熱を感じました。

紙に描くデザイン、作り上げるコスチューム、すごいものです。

自然のデザインと対決させてもいい勝負なのでしょう。

木の幹にとまったハリバエのなかまだと思うのですが、このデザインも良いんでないでしょうか。
e0039759_2333354.jpg


次はシギアブのなかまだと思うのですが、この立ち姿は思慮深そうに見えませんか。
e0039759_23182897.jpg


次はガガンボの顔。ハエもアブもガガンボも大きな翅が二枚の双翅目という仲間です。
目の中に触覚のようなものが見えるでしょう。
普通に考えれば、目の表面に突起があるなんて考えられないでしょう。
映画のエイリアンの印象は口の中から口が出てくるというのが、私には強烈な印象となっていますが
口を外に出す動物は知っていますが、

口の中から口が出てくるのは知りません。私がわからないだけでしょうが。

目の表面のこの突起は何をするためのものなのでしょうね。
これも自然のデザインです。
e0039759_117255.jpg


by snowmelt | 2011-02-16 23:03 | 昆虫 | Comments(2)
Commented by 三冬 at 2011-02-17 20:26 x
石岡さん有名な方ですね。
まあ変な話、自然の美しさに打たれて、人間のつくるARTというものに、ちょっと興味を失っていた年でしたが、授業をやる身としてはそうはいかず、いろいろな作家の勉強を子供らとしました。子供たちは頑張って作品を作っていてさすがでした。
人間は自然には及ばなくても、作家達はやっぱり凄いしそれに素直に動かされて作品を作ってしまう、下北の子供たちはやっぱり凄いと思いました。
 先生の写真もいつも凄いと思います。私の名前の通り三つの冬でこの土地を去るならば、先生と下北の自然の中を歩いてみたかったです。この場合、私にはメリットがあるけれど、先生には何も無いので誘いがたいですが・笑
Commented by snowmelt at 2011-02-17 23:17
ART、作家、人間はよくわからないです。
自然もわからないけれどね。
ヒトは本当は地球の一部だとの考えが根底にないと嫌ですね。
宗教も哲学もね。芸術はどうなのかな、わかりません。


<< 領土      恐山の宇曽利湖はもっと大きな湖だった >>