2011年 02月 12日

コクガン 動画

コクガンがきています。
コクガンの繁殖地は北極海沿岸か。

アイヌ人やアリュート人やギリヤーク人のいた場所を捕っておきながらの、

日本とロシアの現在の北方領土問題は泥棒同士のいさかいではあるけれど、

やっぱりソビエトは騒ぎに乗じたこそ泥なのに、居直り泥棒になろうとしているとしかみえないね。

ロシアにはそういう歴史しかないのかね。


日本人はアイヌ民族のいた蝦夷地を征服し、樺太に進出し、

アイヌ民族やアリュート人やギリヤーク人のいた北方領土四島を捕っていた。

これを泥棒という。


そのころはロシア人は樺太は不毛の地だからと手を出さなかったし、

千島列島も価値がないとしていらないとしていた。択捉島までは泥棒ではあるけれど日本が治めていた。


後にロシア人が黄色人種の土地を捕りにくる脅威がうまれ、対露防備で勝利するわけではあるけれど

その後のアメリカとの戦いに敗れ、敗戦国として樺太は日本のものではないとしたときに、

敗戦時のどさくさにまぎれて、

日本との戦争とは関係していなかったソビエトが一方的に北方四島に攻め入って侵略して、

北方四島までソビエトの領土だと言い放つことを、こそ泥といわずして何というか。


こう見ると泥棒同士のいさかいでしょう。

でも一番悪い泥棒はソビエトでしょう。

私はシサムだからいやだけど、その次悪いのは日本。

でも、日本ががんばらなかったら蝦夷地も日本までもロシアの植民地になっていただろうから、

結果的には我々は助かったのですよ。


ここに来る大半のコクガンはロシア生まれかね。

こまったねと私はコクガンをみています。


by snowmelt | 2011-02-12 15:03 | 鳥類 | Comments(4)
Commented by 三冬 at 2011-02-16 20:50 x
お久しぶりです!私のことわかりますか?
先生に質問です!最近気になっているのは温泉に入った後の猿は上がった後凍えてないのか心配です。
解答(解凍)をしっていたら教えてください。
変な質問ですいません・・・気になってしょうがなくて、先生ならご存知の気がしました・笑
Commented by snowmelt at 2011-02-16 22:22
お久しぶり。復帰したとまできいていました。その後どうですか。

猿たち、焚き火にあたって乾かしているんでないのかなーと思っていましたが、私も疑問でした。
外が凍えるほどなら、乾いた服を着ないと温泉からあがれませんよねー。

昔、北海道で温泉からの帰り道、まつ毛は凍る、伸ばした手ぬぐいは氷の刀にしてチャンバラできました。
Commented by 三冬 at 2011-02-17 20:19 x
その後、主治医の言うことも聴かず、放射線治療も断り、ホルモン治療もやりたくないけど、見放されるのは怖いのでやっています。おとなしめの病だったと主治医・笑。友人からは仮病疑惑も・笑。でもほんとにガンで手術したんですよ。今年度は戦力外で、いい気持ちで働いています。病気休暇で自然の美しさに気がついたので、働いている場合じゃないという視点が自分に加わりました。何事もなかったかのように自分は元気です・笑
 猿の件は、先生もご存知ないんですね~
 こども相談室しかないかな?
Commented by snowmelt at 2011-02-17 22:31
「サルに限らず全身に毛皮を持った動物は人に比べ汗腺が非常に少なく、
汗をあまり掻かないために急激な体温変化は起こらないのです。
更に、毛皮は天然の防寒コートです。寒い日など温泉からあがると外側はすぐに凍ってしまいますが、
内側は細かな毛が密集していて、空気の層が出来ていて断熱効果があるようです。
毛皮というのはよくできているものだと感心します。
また、秋の内に木の実をたくさん食べて皮下脂肪を溜め込んでいる事もあり、湯冷めは起こらないものと思われます。
風呂から上がったばかりのサルは毛が濡れてペタッとして、思ったより痩せている事に気付きます。
首から上の毛だけフサフサとしていて、まるでライオンのようです。
それでも大丈夫、世界中に生息するサル類のなかでニホンザルは寒さに適応した珍しいサルです。」というのがありました。
でも、外側が凍ったままなのでしょうかね。疑り深いわたし。



<< 恐山の宇曽利湖はもっと大きな湖だった      ホロミジンコ >>